音楽やドラマだけじゃない。ファッション、アート、ダンス、K-コミック、K-文学など、幅広いK-カルチャー情報を発信する

【オリジナルレポ】俳優 パク・シフ、年明け真っ先にファンと再会☆ファンミーティングで次々と嬉しい報告!

【オリジナルレポ】俳優 パク・シフ、年明け真っ先にファンと再会☆ファンミーティングで次々と嬉しい報告!

 
俳優パク・シフが新春、真っ先に来日しファンとの再会を果たした。1月5日(日)に東京・なかのZERO大ホールにて「パク・シフ ファンミーティング2020」が華々しく開催され笑顔溢れる1日となった。今回のファンミーティングは昼の部を『~Happy New Year BOX~』、夜の部を『~SiHoo’s Happy AWARDS~』と、タイトルや内容を変えた豪華なイベントだ。本レポートでは昼の部の模様をお伝えする。
 
ステージ中央に置かれた巨大バルーンが割れるとパク・シフが登場、サプライズ感のあるオープニングに会場から喜びの悲鳴が沸いた。ステージ左右、端から端まで歩いてゆき、手を振りながら挨拶するだけで会場の熱気がグンと一気に上昇。
「こんにちは、お久しぶりです」「とてもいい天気ですね。寒いのではと心配していましたが、暖かく楽しい公演になるのではと思っています」とこの日を迎えた喜びを言葉にした。そしてイベントが始まるにあたり「新年の第一歩をファンのみなさんと一緒に楽しめる時間をもてるということで、楽しく幸せな1日になればいいなと思っています。僕も努力しますし、みなさんも応援して下さい」と話し、さらに日本語で「愛してる!!」とファンへ目一杯の愛情を送った。
 
古家正亨氏の進行でファンミーティングが軽快にスタート。一つめのコーナー「すごろくトーク」へ。客席全体をすごろくのマス目に見立て、駒であるパク・シフが会場を一周するというもの。パク・シフが客席に降りると、ファンが総立ちとなり大歓声に包まれた。すごろくの数字の分だけ客席の間を進み、ステージスクリーンに出たお題に回答、ミッションをクリアしたり、ファンから直接質問を受けたりと大いに盛り上がった。

実は年末年始には風邪をひいてしまったが、しっかり治って無事に日本へ来られたというパク・シフ。さらに4~5週間ほど前まで滞在していたビバリーヒルズでの写真や、昨年末ファンミーティングをした済州島の写真、さらにセルフィーも公開したりとプライベートな一場面も覗かせファンを喜ばせた。2019年で楽しかったことを3つ答えるお題には、主演を務めたドラマ「バベル~愛と復讐の螺旋~」の撮影を無事終えたこと、前記の作品を含め自身が出演したドラマが3つも日本で放送されたことを挙げた。続けて、愛犬との旅行に密着したバラエティー番組が、2020年3月から日本での放送が決まったという嬉しい報告もプレゼントした。(「パク・シフ&ヒチョルの旅するわんこ」がKNTVにて2020年3月9日(月)から日本初放送の予定)
 
続いてステージのスクリーンに愛犬ボング、愛猫ジャミとダミの写真が映し出されると会場は「可愛い~!」の大合唱。ボングは元来とても純朴な性格だが、一緒にカナダ旅行に行ってから言うことをなかなか聞かなくなったことや、ジャミはクールビューティーだけれども時折見せる愛嬌が可愛らしく、逆にダミは子犬のような人懐こさがあり、もたれ掛かってきたり、膝で寝てしまったりするといったエピソードで会場が和んだ。さらにハリウッド進出するとすれば、どのような役柄を希望するかとの問いには「どんな役であれ一生懸命取り組み、どのような共演者のなかであっても一生懸命やることになると思います。本当に新人の気持ちで頑張ると思います」と謙虚な姿勢を見せた。有名な西部劇「荒野のガンマン」のような役柄をやってみるのも良いと言いながら、銃を放つジェスチャーをすれば、ノリの良いファン達は打たれるフリをし、その阿吽の呼吸に会場には笑顔が広がった。
 
その他にもファンへ投げキス、マネージャーと羽子板10回連続や早口言葉のミッションを見事クリア。また、ファンからは沢山の質問が飛び出し、ファンミーティング前日、日本に来てからすぐ食べたのは懐石料理、アメリカでフォーチューンカード占いをしたら“2020年はとても良い”という結果だった等々、一つ一つ丁寧に回答。ファンとのコミュニケーションを楽しんだ。さらに抽選で選ばれたファンとの即興演技、パク・シフが占い師としてファンのお悩み解決など盛り沢山。“パク・シフ以外の俳優に目移りしないようにするにはどうすれば?”というお悩み相談には、例として出てきた俳優名を聞きうなだれたり、「その俳優さんは結婚してるよ」と拗ねたりする様子が何ともチャーミング。そんな突拍子もない質問にも“春から始まる時代劇ドラマを観て下されば、浮気心は消えると思う”というスマートな回答を返し、どこからともなく感嘆の声が漏れた。
 
イベントの最後は2015年にリリースした日本語曲「君を…」を感慨深げに歌い上げ、ファンらはメロディーに合わせて体を揺らし、会場が一体となった。「新年のスタートを日本のファンのみなさんと迎えられてとても幸せでした。ファンミーティングは久しぶりだったのでとても心配していたのですが、みなさんの近くに寄ることで励まされ、また新しい作品の紹介もできてとても嬉しかったです。有意義な楽しい思い出になりました。またお会いしたいです。みなさん愛してます!!」と日本語も交えながら挨拶。ファンとの集合写真が終わると、書いてきた手紙を自ら読み上げ感謝と愛を伝え、鳴り止まない拍手のなかステージをあとにした。

 
 
text:MIO
photo:MENTOR.Co.,Ltd
 
 
 
 
■パク・シフ ジャパンオフィシャルファンクラブ
http://www.park-sihoo.jp/
■パク・シフ バースデーイベント2020
◆イベント日:4月3日(金)
◆場所:韓国・ソウル インペリアルパレスホテル
◆募集サイト:http://www.mentorevent.com/pshbirthday2020
※1月23日オープン予定
■パク・シフ オリジナルマガジン「ENISHI2020」シーズン8購読受付中!
 
https://www.mentorshop.net/products/detail.php?product_id=510
 
 
 
 
 
 

最新情報をチェックしよう!
広告
>韓流エンタメのニュース&マガジン

韓流エンタメのニュース&マガジン

K-POP、ドラマ、映画から、ダンスやファッション、アートやコミックまで。
韓流の今をホットに伝えるエンタメ総合マガジン。
ますます広がるK-カルチャー情報をお届けします。

CTR IMG