音楽やドラマだけじゃない。ファッション、アート、ダンス、K-コミック、K-文学など、幅広いK-カルチャー情報を発信する

2PMのジュノが朝鮮初の男妓生を艶やかに演じる豪華絢爛エンターテインメント!「色男ホ・セク」

  • 2020年6月8日
  • 2020年12月29日
  • K-POP
  • 23view

2PMのジュノが朝鮮初の男妓生を艶やかに演じる豪華絢爛エンターテインメント!

 

スクリーンで、 色男ジュノが熱烈歓迎⁉ 

窮地を脱するためにホ・セクが“縦読みメッセージ”に隠した秘策

 

色男ホ・セク

 
PMのジュノと精鋭キャストが集結し、朝鮮時代を舞台に描かれる豪華絢爛エンターテインメント『色男ホ・セク』が東京・大阪では612()より公開。(一部では5日より公開中)。
 
美しい容姿、優れた技芸、女性を酔わす話術を兼ね備えたホ・セクは、生まれ育った客を接待する芸館である妓房(キバン)の経営危機を救うため、女性客向けの“朝鮮初の男妓生(キーセン)”になることを決意。順調に客足が伸びていたが、ある日、セクは町で美しい女性へウォンと出逢う。これまでどんな美女にも心トキメくことのなかった彼が、自分の魅力に全くなびかないヘウォンに急速に惹かれてしまい、猛アタックを仕掛けるが…。
 
妓生(キーセン)とは、歌や踊りを披露し、客を接待する女性のことで、今回ホ・セクが、朝鮮初の男妓生になったというセンセーショナルなニュースを世の女性に広めるために考え出したのが、縦読みメッセージ付きの書の作成である。縦読み(たてよみ)とは、言葉遊び(折句)の一種。一見すると通常の文章だが、各行の頭文字をつなげるとメッセージが表れる文章で、日本でも新聞のラテ欄や、芸能人によるSNS縦読み投稿などで話題になることが多い。男尊女卑の観念の中で女性たちが抑圧された時代、女性が表立って男遊びをすることが許されなかった時代に、これまで男社会のなかで抑圧されてきた女性たちがイケメンに癒されようと店に殺到し、生まれ育った芸館である妓房の経営危機の窮地を脱することに成功する。
 
超人気K-POPグループ「2PM」のアーティスト活動のみならず、映画『薔薇とチューリップ』『二十歳』や「ただ愛する仲」(TV)などで演技力を高めてきたジュノ。朝鮮の伝統的な琴や舞踊を短期間でマスターしたジュノは、韓服をまとい多芸多才な色男ホ・セクを熱演。美しく舞い踊り、楽器を弾きこなし、甘美な詩を読むジュノの甘美な姿に、コロナ疲れを感じている貴女も癒されてみてはいかがだろうか?
 
映画『色男ホ・セク』は、65()より全国順次公開。シネマート新宿・心斎橋は612()より公開
公式サイト:http://hark3.com/hosek/
 
STORY  自由に生きてきたホ・セクが選んだ道は、朝鮮初の男妓生(キーセン)!美しく整った容姿、優れた技芸、女を酔わす話術を兼ね備えた青年ホ・セクは、生まれ育った妓房が経営の危機に瀕していることを知り、女性客を相手にした〝朝鮮初の男性妓生〟になることを決意する。破天荒だが頼りになる相棒ユッカブとタッグを組んで大胆な宣伝活動に乗り出すと、ウワサを聞きつけた朝鮮の女たちが店に押しかけ、たちまちセクに魅了されていく。順調に客数を伸ばしていたある日、セクは町で美しい女性へウォンと出逢う。これまでどんな美女にも心トキメくことはなかった彼が、自分の魅力に全くなびかないヘウォンに急速に惹かれてしまい、猛アタックを開始するのだが……。
 
監督/脚本:ナム・テジュン 撮影:ナ・スンヨン 照明:ハン・ギオプ 音楽:イ・ウンジュ、モグ 美術:キム・ギョンホ
出演:ジュノ(2PM)、チョン・ソミン、チェ・グィファ、コンミョン(5urprise)、イェ・ジウォン、シン・ウンス
2019年/韓国映画/110分/スコープサイズ/カラー/5.1ch/原題:기방도령/字幕翻訳:岩井理子 配給:ハーク
© 2019 CJ ENM & BRAINSHOWER & JYP PICTURES. All Rights Reserved.

最新情報をチェックしよう!
広告
>韓流エンタメのニュース&マガジン

韓流エンタメのニュース&マガジン

K-POP、ドラマ、映画から、ダンスやファッション、アートやコミックまで。
韓流の今をホットに伝えるエンタメ総合マガジン。
ますます広がるK-カルチャー情報をお届けします。

CTR IMG