音楽やドラマだけじゃない。ファッション、アート、ダンス、K-コミック、K-文学など、幅広いK-カルチャー情報を発信する

MAMAMOO メンバーHwa Sa(ファサ) 1st ミニアルバム「María」が グローバルにロングヒット中!日本オフィシャルSNSで最新メッセージ公開!

  • 2020年8月25日
  • 2020年12月29日
  • K-POP
  • 11view

 MAMAMOO

メンバーHwa Sa(ファサ) 1st ミニアルバム「María」が

グローバルにロングヒット中!日本オフィシャルSNSで最新メッセージ公開!

 
 
MAMAMOOのHwa Sa(ファサ)の1stミニアルバム「María」は6月末の韓国リリースを皮切りに各国でもリリースされ大ヒット。公式TikTokでは新曲「Maria」のダンス動画「#mariachallenge」を実施し、早々に動画再生回数3500万ビューを突破し、全世界に”Mariaブーム”を巻き起こし、グローバルアーティストとしての存在感も高めている。
 
地元・韓国では6月の発売以降、主要音源チャートでロングヒットとなっている。中でも韓国SBSテレビの人気音楽チャート番組「人気歌謡」での出演せずに3週連続1位(デビュー以降3曲連続1位)、韓国KBS「MUSIC BANK」でも2冠を追加して合わせてチャート5冠など驚異のヒットを記録。
 
そして米国ビルボード発表によると、発売後に米国を含む全世界22地域のiTunesトップアルバムチャート1位を獲得し、ビルボードワールドデジタルソングセールスチャートのワールドアルバムチャート7位、リードナンバー「María」のワールドデジタルソングセールスチャート6位チャートイン、そして5週連続でチャートイン達成とグローバルな人気を獲得。
 
なかでも中国では最大の音楽プラットフォームQQミュージックで、リリース後に総合新曲チャート、急上昇チャート、K-POPチャート、流行指数チャート、音楽検索チャートの各部門で1位を獲得し、1ケ月間以上チャート上位を記録し、2億再生を突破している。更にTikTok上でもユーザーからの「#mariachallenge」の投稿数が18億件を超えるなど、特に大きな人気を獲得している。
 
そして、ここ日本では今年MAMAMOO「HIP」がロングヒットとなっているが、今度はHwa Sa(ファサ)「María」がAppleミュージック、LINEミュージックなどストリーミングサービスでのK-POPチャート上位ランクインを継続など、ロングヒットの兆しをみせている。そんな状況を知ったHwa Sa(ファサ)から日本のmoomoo(ムム)達へ向けたメッセージがMAMAMOO日本オフィシャル・ツイッター(※)で公開されたのでチェックしてみて欲しい。
 
MAMAOOの3月来日公演が新型コロナウィルス対策により延期して以降、メンバーのSolar(ソラ)、Moon Byul(ムンビョル)、Hwa Sa(ファサ)とソロ作品のリリースが続き、MAMAMOO「HIP」ともどもヒットが続いている。今後も目が離せないガールズグループだ。
 
※MAMAMOO JAPAN OFFICIAL Twitter:https://twitter.com/mamamoo_japan
 
情報詳細
Hwa Sa(ファサ) 1st ミニアルバム
「María」
(収録曲)
Intro:Nobody else
María
Kidding
WHY
I’m bad too (Feat. DPR LIVE)
LMM
TWIT
 
▼音楽ストリーミングサービスおよびiTunes Store、レコチョク、moraなど主要ダウンロードサービスにて配信中!
※対応ストリーミングサービス:Amazon Music Unlimited/HD、Apple Music、AWA、Google Play Music、KKBOX、LINE MUSIC、mora qualitus、RecMusic、Rukuten Music、Spotify、YouTube Music
 
音源・MV配信リンクはこちら
https://jvcmusic.lnk.to/Maria
 
▼YouTube
「María」
https://www.youtube.com/watch?v=brZRDjFIFJs
 
(楽曲解説)
1. Intro : Nobody else
誰も見る事ができなかった微笑み、笑う方法を忘れた寂しいマリア。誰もいない夜、独り残り自分自身に聞かせるこのストーリーは、ひっそり愛と勇気になってマリアを外の世界に連れ出し、まるで一つの詩を連想させる。
 
2. Maria
世界はいつも無慈悲だ。そこで傷ついた痛みは、誰かに向かって憎しみを吐き出す。楽ではない生活の中で生まれたその傷は、私たちを苦しめ同時に魂まで壊れてしまう。しかし、一度泣くことでまた再び自分自身のために息ができるよう、そしてまた夢を見れるように願うストーリーを込めた。
 
3. Kidding
永遠だと思っていた幸せは終わった。恋人にまた違った愛の存在を感じる瞬間はより悲劇的である。私だけを愛しているという告白は消え、まさかと思った直観が当たった瞬間冷たく吐き出す一言。
“ねえ、今わたしのことからかってるの?”
 
4. WHY
あなたにとっては簡単だけど、ある人にとってはとてもしんどくて、難しい。私への愛は冷たく空っぽであるのを知りながら止められずに、自分が馬鹿みたいな気がする。戻るにはもう遅いけど、今届かない思いを投げる。
あなたはなんで私を愛していないのか。
 
5. I’m bad too (Feat. DPR LIVE)
世界には数多くの慰めの方法が存在する。その中で言われる ’頑張れ”うまくいくよ’ という言葉は、どれだけ大きい力になるか。形式的に平凡な慰めの言葉よりは、わたしもあなたと変わらないということ。この暗い中に一緒にいるんだという事を伝えることが、より慰めになる。人生が全て花道というわけではない。花道でなければどうなのか。
 
6. LMM
長い暗闇の中に一人捨てられたように感じる時がある。目の前が真っ暗に感じどこかに逃げたい瞬間、自分に話しかける。自分の居場所が無くなる様な不安の中でも、結局は少しずつ改善されていく。雨が降る中でも花は咲くようだ。
 
7. TWIT
トロピカルな要素が加味されたトラップビートに独特なリーフとオルガンを加えトレンディー感を生かした。ファサの魅力的な歌声が強く響くメロディーラインと中毒性のあるサビ部分が印象的な曲だ。ただ私だけを見て、私だけのために恋人が幸せになれない姿を見ながら、最終的に一緒にいることができない自分を ”馬鹿” と表現した歌詞が新鮮な曲だ。
 
MAMAMOO日本ファンクラブ
MAMAMOO JAPAN OFFICIAL FANCLUB「MOOMOO JAPAN」概要
■年会費:6,600円(税込)
■ファンクラブ入会特典
1)会員証発行  2)入会特典グッズ  3)来日イベント優先案内及び参加申込み 4)ファンクラブ会員専用ページ閲覧
5)その他
※諸般の事情により一部変更となる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
 
MAMAMOO(ママム)PROFILE
MAMAMOOは、ソラ(Solar)・ムンビョル(Moon Byul)・フィイン(Whee In)・ファサ(Hwa Sa)の4人から成るK-POPガールズグループ。K-POP界を代表する作曲家・プロデューサーであるキム・ドフンが発掘し育てあげた初の女性グループで、「赤ん坊たちが一番初めに覚え話す‘ママ(MAMA)’のように、全世界の全ての人たちに親しまれる音楽を披露したい」という意味で‘ママム(MAMAMOO)’と名付けられた。2014年に「Mr.曖昧模糊(1stミニアルバム『Hello』収録)」で韓国デビュー。これまでに数多くの作品をリリース。音楽チャートや音楽配信チャートでは常に1位となり、韓国で行われるコンサートは1分足らずでソールドアウトする。2018年春よりスタートし、4枚のミニアルバム(『Yellow Flower』『RED MOON』『BLUE;S』『White Wind』)をリリースした「4season 4color Project」で人気が更に高まり、国民的歌手という立ち位置を築いている。2018年
の夏から台湾・香港・南米でもコンサートを開催、世界に向けた活動も始めている。2018年10月には「Décalcomanie -Japanese ver.-」で日本デビューし、これまでに2枚のシングルをリリース。2019年8月に待望の日本1stアルバムをリリースした。
■ソラ(Solar)生年月日:1991年2月21日/血液型:B/ポジション:リーダー、メインボーカル
■ムンビョル(Moon Byul)生年月日:1992年12月22日/血液型:B/ポジション: ラップ、パフォーマンス
■フィイン(Whee In)生年月日:1995年4月17日/ 血液型:B/ポジション: ボーカル、パフォーマンス
■ファサ(Hwa Sa)生年月日: 1995年 7月 23日/血液型:A/ポジション: ボーカル、ラップ
 
MAMAMOO(ママム)韓国受賞履歴
2014 SEOUL SUCCESS AWARDS’新人賞受賞
2015 ’第4回 Gaon Chart K-POP AWARDS’今年の新人賞ガールグループ部門受賞
2016 Bugs AWARDS’ 今年のアイドル賞受賞’
2016 アジアアーティストアワードベストエンターテイナー受賞
2016 メロンミュージックアワードTOP10受賞
2017 第31回 ゴールドディスク本賞受賞
2017 ハイウォンソウルミュージックアワード本賞受賞
2017 第6回 ガオンチャートミュージックアワード今年の歌手賞(2月)受賞
2017 SORIBADA BEST K-MUSIC AWARDS 本賞受賞
2017 アジアアーティストアワードベストアイコン賞受賞
2018 ソウル歌謡大賞 Tik Tok ダンスパフォーマンス賞受賞
2018 第2回 SORIBADA BEST K-MUSIC AWARDS 本賞・新韓流女性人気賞受賞
2018 アジアアーティストアワード歌手部門 今年のアーティスト・ベストミュージック受賞
2018 Melon Music Award 最高のアーティストTOP10 受賞
2019 MGMAボーカルアーティスト部門受賞
2020ゴールデン・ディスク・アワード ベストグループ賞
 
オフィシャルサイト(JAPAN/KOREA)
MAMAMOO JAPAN OFFICIAL FANCLUB「MOOMOO JAPAN」:https://mamamoo.jp/
MAMAMOOビクターオフィシャルサイト:https://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A026257.html
MAMAMOO JAPAN OFFICIAL Twitter:https://twitter.com/mamamoo_japan
MAMAMOO JAPAN OFFICIAL YouTube Channel:
https://www.youtube.com/channel/UCg2mVDow6dJs9elQyFBYq_w?view_as=subscriber
 
MAMAMOO KOREAN OFFICIAL Twitter: https://twitter.com/RBW_MAMAMOO
MAMAMOO KOREAN OFFICIAL Facebook: https://www.facebook.com/RBW.MAMAMOO
MAMAMOO KOREAN OFFICIAL Instagram:https://www.instagram.com/mamamoo_official/
MAMAMOO KOREAN OFFICIAL YouTube Channel:https://www.youtube.com/user/WAMamamoo
韓国公式ファンカフェ: http://cafe.daum.net/mamamoo

最新情報をチェックしよう!
広告
>韓流エンタメのニュース&マガジン

韓流エンタメのニュース&マガジン

K-POP、ドラマ、映画から、ダンスやファッション、アートやコミックまで。
韓流の今をホットに伝えるエンタメ総合マガジン。
ますます広がるK-カルチャー情報をお届けします。

CTR IMG