音楽やドラマだけじゃない。ファッション、アート、ダンス、K-コミック、K-文学など、幅広いK-カルチャー情報を発信する

VICTON カムバックと同時に自己記録更新!グローバルカムバックショーも大成功

昨年11月にデビュ−4周年を迎えたボーイズグループVICTONが満を持して初のフルアルバムをリリースした。

VICTON初のフルアルバム’VOICE : The future is now’は’時が過ぎて今、僕たちは願ってきた夢のような現実を生きている’という意味で、VICTONのデビュー後4年間の成長と新たな飛躍、そして彼らの自信としっかりとした抱負が込められている。

昨日11日にカムバックしたVICTONは、リリース直後である19時基準でアルバムリード曲’What I Said’で韓国の音楽チャートGenieで9位、Bugsで27位を記録し、音源順位の自己記録を再び更新、リード曲以外にも ‘Circle’, ‘Chess’, ‘Unpredictable’, ‘Into The Mirror’, ‘Up To You’, ‘All Day’, ‘Flip A Coin’, ‘We Stay’ 等アルバム収録曲がBugs等音源チャート100位内に入るなど、グループの成長・人気を証明した。

同日VICTONはMnetとM2デジタルチャンネルを通して’VICTON COMEBACK SHOW The future is now’を全世界に向け配信し、韓国だけではなくグローバルファンからも多くの関心を集めた。 

1st フルアルバムの1番目の曲であり、カムバック前に公開されたTRAILER VIDEO 【VOICE : Ideal】のストーリーと世界観を込めた’Into the Mirror’とイントロVCRで派手なカムバックショーの幕を開けたVICTONはその他にも、アルバム収録曲で終わりのない戦いの中で勝敗を決めるコインが投げられたとしても、結局勝者は僕だろうというスンウの歌詞が特徴的な’Flip A Coin’を披露。またメンバー達が’キング’と’反乱軍’に分かれ’鏡の国のキング救出’ ボードゲームを繰り広げたり、カムバックに関してトークを行うなど、内容盛りだくさんのカムバックショーとなった。

カムバックショーの中でも特に注目を集めた初披露となったアルバムリード曲’What I Said’はこれまで僕が言っていたことが現実となり、今は夢見てきたその道を歩んでいるというVICTONの第二幕の幕開けを歌詞に込めた曲で、VICTONのアップグレードされた成熟美と強烈なカリスマで歴代級のパフォーマンスに世界中から熱い反応が寄せられた。リード曲以外にも、夢のような現実を生きているが、いつか消えてしまうのではないかという不安と迷いを正直に歌った’Circle’や、VICTONとALICE(公式ファンクラブ名)が一つになった瞬間を忘れず、いつでもそばにいるという約束を込めたファンソングの’We Stay’まで様々な曲を披露した。

カムバックショーの最後でVICTONメンバーは “フルアルバムはVICTONがずっと願ってきた夢のうちの一つ、リリースできてとても幸せだ” “フルアルバムも、カムバックショーも僕たちがやりたいと話していたもの、それが全て予言になったのではないかと思うほど”とフルアルバムリリースとカムバックショー開催に対する思いを伝えた。また “(カムバック活動が) とても楽しみだ”、 “ALICE(公式ファンクラブ名) が僕たちのステージを見て、少しでも力になれたら嬉しい”と格別なファンへの愛も伝え、1時間余りのカムバックショーは幕を閉じた。 

カムバックショー成功と音源自己記録更新により好スタート切ったVICTONは14日 Mnet ‘M COUNTDOWN’から本格的なアルバム活動に入る。

‘VICTON COMEBACK SHOW The future is now’映像

Filp A Coin

VICTONのボーカルメンバー6人全員がコーラスに参加し、ボーカルのハーモニーに個性のある調和を出した曲。作詞にメンバー スンウとハンセが参加し「終わりのない戦いの中で勝敗を決めるコインが投げられたとしても、結局勝者は僕だろうという」というスンウのセンスある歌詞が特徴的。

Circle

夢のような現実を生きていると言うが、いつ消えるか分からない不安な気持ちと迷いを率直に表現した曲で、20代が感じる悩みと不安を率直に表現した曲。

We Stay 

VICTONとALICEが一つになった瞬間を忘れず、いつでもそばにいるという約束を込めたファンソング。メンバー スンシクとスビンが作詞に参加し、ALICEに伝えたいメッセージを心を込めて書いた。いつかVICTONとALICEがまた会う日にこの約束の歌を歌って、夢のような瞬間を共に迎えられることを願う。

What I Said 

中毒性のあるメロディーと珍しい曲の構成が印象的な曲。これまで僕が言っていたことが現実となり、今は夢見てきたその道を歩んでいるというVICTONの第二幕の幕開けを歌詞に込めた。

最新情報をチェックしよう!
広告
>韓流エンタメのニュース&マガジン

韓流エンタメのニュース&マガジン

K-POP、ドラマ、映画から、ダンスやファッション、アートやコミックまで。
韓流の今をホットに伝えるエンタメ総合マガジン。
ますます広がるK-カルチャー情報をお届けします。

CTR IMG