音楽やドラマだけじゃない。ファッション、アート、ダンス、K-コミック、K-文学など、幅広いK-カルチャー情報を発信する

長すぎるタイトルのK-POP本!? 「K-POPはいつも壁をのりこえてきたし、名曲がわたしたちに力をくれた」刊行記念イベントが開催。 今では、世界中が熱狂する音楽になったK-POP。その軌跡を、名曲とアーティストで追う。

  • 2021年5月18日
  • 2021年5月18日
  • K-Culture
  • 636view

K-POPの黎明期から今までを、ライターのまつもとたくお氏の著書が刊行。タイトルの長さも話題!? 刊行記念イベントは、おなじみ「CHEKCCORI」で。

装丁がかっこいい。

装丁がかっこいい。

  • 長すぎるタイトルで話題!?

「K-POPはいつも壁をのりこえてきたし、名曲がわたしたちに力をくれた」(イースト・プレス)がついに刊行された。
著者のまつもとたくお氏が、装丁をSNSで公開したときには、
「装丁がかっこいい!」といった声とともに、
「タイトル長っ!」という意見も。
そんな本書は、90年代のK-POP黎明期から、今のシーンをけん引するBTSやBLACKPINKまでを、名曲でたどっている。
K-POPガイド本はこれまでにもあったが、K-POP史とアーティスト・楽曲レビューがまとまった1冊となると、今回が初めてといってもいいだろう。

  • 刊行記念イベントは「CHEKCCORI」で

そんな本書の刊行記念イベントが、韓国書籍を扱う「CHEKCCORI」にて5/18(火)に開催される。
(申込→https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01p6h3rzkxk11.html
著者のまつもと氏は「はじめに」で、「“ビビンバ的発想”が世界を魅了する」と語る。
何事にも「ひらめき」や「勢い」を大切にして、そのときのトレンドを取り込み、どんどんミックスするからだという。
イベントでは、そんなK-POPの発想力や、おすすめのアーティストなどを、本制作の裏話をまじえて語りつくす。
ぜひ、「今世界で一番聞かれる音楽」K-POPについて、深めるてみては。

まつもとたくお氏。

まつもとたくお氏。

  • BTSだけじゃない! インディーまで紹介した骨太本。

本書でとりあげたアーティストは新旧さまざま。
ソテジ・ワ・アイドゥルやH.O.T.の黎明期、BoAやKARAの躍進、BLACKPINK、さらにはYUKIKA、LOONAなどのK-POPの未来を描くアーティストまでを網羅。
本の裏表紙には、取り上げたアーティストの名前が並ぶ。

知っているアーティストを探すのも楽しい。

知っているアーティストを探すのも楽しい。

  • 刊行記念イベント申込はこちらから​

イベントのチケットはPassMarketから購入することができる。
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01p6h3rzkxk11.html
■日時:2020年5月18日(火)20:00~21:00
■参加費:イベント参加券1500円/イベント参加+書籍セット券3,200円(税込、送料込み)
■定員:50名

最新情報をチェックしよう!
>韓流エンタメのニュース&マガジン

韓流エンタメのニュース&マガジン

K-POP、ドラマ、映画から、ダンスやファッション、アートやコミックまで。
韓流の今をホットに伝えるエンタメ総合マガジン。
ますます広がるK-カルチャー情報をお届けします。

CTR IMG