音楽やドラマだけじゃない。ファッション、アート、ダンス、K-コミック、K-文学など、幅広いK-カルチャー情報を発信する

【ハングルちゃんブログ】昔は、食器も箸も真鍮製でした

  • 2021年7月15日
  • 2021年7月15日
  • K-Culture
  • 75view

韓国の밥그릇(お茶碗)や접시(お皿)、젓가락(お箸)や숟가락(スプーン)は、

今は、銀のステンレス製ですが、私の両親の世代までは、놋쇠(真鍮)でした。

놋쇠(真鍮)は、錆びやすいので、いちいち磨くのがとても大変です。

今は、薬品で簡単に磨けるものが出ていますが、昔は、ありませんでした。

今も、伝統の韓式料理屋に行くと、食器やお箸、スプーンが

すべて놋쇠(真鍮)のところもあります。

「놋쇠」というのは、노란(黄色い)쇠(鉄)という意味です。

韓式食堂で、黄色くて重い食器やお箸が出てきたら、

それは놋쇠(真鍮)です。

また、昔の王族は銀の箸でした。

これは、日本でもヨーロッパでも王侯貴族や将軍がそうでしたが、

銀は、暗殺するときに使われる毒である砒素に反応するので、

毒見として使われていました。

今でも、銀の箸やスプーンはあります。

また、30年以上前の話ですが、子供の誕生日などに、

銀の箸やスプーンのセットを贈るのが流行したこともあります。

私も、子供の時、銀の箸を使っていました。

でも、銀の箸は、曲がったり、折れたりしやすいです。

私も、使っているうちに、曲がって折れてしまいました。

韓国語教室 ハングルちゃん 

韓国語教室ハングルちゃん公式サイト

オンラインレッスンも♪
https://hanguruchan.com/work_post/321654/

03-6273-8743

月曜日~土曜日 10:00~22:00

日曜日 10:00~19:00

  • 〒169-0072
  • 東京都新宿区大久保1丁目17−7 メゾン豊ビル5階
最新情報をチェックしよう!
広告
>韓流エンタメのニュース&マガジン

韓流エンタメのニュース&マガジン

K-POP、ドラマ、映画から、ダンスやファッション、アートやコミックまで。
韓流の今をホットに伝えるエンタメ総合マガジン。
ますます広がるK-カルチャー情報をお届けします。

CTR IMG