音楽やドラマだけじゃない。ファッション、アート、ダンス、K-コミック、K-文学など、幅広いK-カルチャー情報を発信する

【オリジナルレポ】VERIVERY日本ファンミーティングで個性溢れる魅力を全開! 「僕たちもいつでも今のようにVERRERのそばにいるよ!」

6月22日(水)KT Zepp Yokohamaにて、7人組ボーイズグループVERIVERYが「VERIVERY JAPAN FANMEETING <2022 VERI School>」を開催した。

今回のイベントは学校がテーマとなり、韓流イベントでお馴染みの古家正亨をMC兼先生として迎え、メンバーが生徒という設定で進行。メンバーの特技披露やゲーム、ファンからの質問コーナーにライブパフォーマンスなど、盛りだくさんの内容で行われた。

開演時間になると会場が暗転し、客席を埋め尽くすペンライトの光が揺れ始めた。

イベントの1曲目に披露したのは、韓国デビュー曲「Ring Ring Ring」。ゴキゲンに跳ねるビートが心地よいニュージャックスウィングナンバーで、7人の明るく爽やかなエネルギーが会場を包み込む。続いて、太いベースサウンドが響くと雰囲気が一変。クールでスタイリッシュな魅力が詰った「Lay Back」を披露。力強くもセクシーな眼差しでファンを魅了した。

2曲歌い終えたVERIVERYは一旦ステージを後にするとMCの古家が登場。先生になりきった古家が「学生のみんないらっしゃい!」と呼び込むと、「せんせーい、こんばんはー!」「遅刻、遅刻」などと日本語で口々に言いながらメンバーがぞろぞろと現われ、何やらこれからコントが始まりそう。

先生が「この時間は『VERI School』の生徒だってことはわかってるよね?カンミン君」と振ると、「はい、アンダースタンド」と段取りにはないセリフで先生を困らせるカンミン。先生には「(モニターに)アンダースタンドなんてどこにも書いてないよ」と突っ込まれるが、一瞬間を置いてから「あーそうです」と答えて会場の笑いを誘い、何事もなかったように「学生でも良いんですけど、VERRER(ファン)に会うためにまたVERIVERYにならなければならないんです」と台本通りに話し、無事にコーナー説明へ…。「VERI School」の生徒になったメンバーは、VERIVERYに戻るためにいくつかのミッションをクリアしなければならないという。

まずは、学生の特技や趣味などをチェックする「学生情報」のコーナー。

名台詞のものまねが特技だというドンホンは、韓国ドラマ「社内お見合い」からカン・テムの「チャギヤ(ハニー)」で始まるセリフを真面目に披露。会場からは拍手が起こるが、満足いかなかったのか、もう一つあると「梨泰院クラス」のセロイを披露すると張り切る。

セロイが頭を押さえるクセもしっかり入れると、ドンホンに会場中の視線が集中。セロイのどの名台詞を言うのか期待が高まった瞬間!  「好きダメヨ」となぜか日本語…。一瞬会場が静まりかえるも、会場はじわじわと笑い始めた。実際は「好きになるな」と言いたかったようで、改めて言い直してみるが、「今日はコンディションが悪いなぁ」とつぶやき、会場からはどっと笑いが起きた。

続いてホヨンは「CM風に水を飲む」という特技を「僕と一緒に飲みましょうか」という日本語のセリフ付で、ケヒョンは耳を動かすという地味でありながらも珍しい特技で会場を沸かし、ミンチャンは優里の「ベテルギウス」を優しい声で歌いファンをうっとりさせ、ヨンホはOfficial髭男dismの「Pretender」とドラマ「梨泰院クラス」OSTのVERIVERYの「With Us」をドンホンのセロイのものまね付で笑いを入れつつも、メインボーカルの歌唱力を見せつけた。

ダンスが特技だというヨンスンは、世界最高のダンサーを交渉してきたとダンサーを呼び込むと、それまで横に座っていたドンホンとミンチャンが「久しぶりー」と別人を演じてダンサーとして参加。なにわ男子の「初恋LOVE」をキュートに踊ってファンをときめかせ、踊り終わったあとの「(ギャラの)お金はー?」と寸劇も入れてオチも欠かさない。そして最後は末っ子のカンミンがキラキラな笑顔で特技の愛嬌を見せ、会場を盛り上げた。又は、会場に笑顔が広がった。

メンバーの個性あふれる特技のほかに、コップタワーゲームやイラスト当てゲームなどのミッションをチームワークでクリアさせると、学生からアイドルのVERIVERYに戻ることができたメンバーたち。改めてVERIVERYのメンバー紹介が行われると、ユニットのスペシャルステージの時間となった。

ドンホン、ミンチャン、ケヒョン、ヨンホのユニットステージでは優里の「ドライフラワー」を披露。ドンホンの繊細かつ躍動感溢れるピアノ伴奏に乗せて、3人のエモーショナルなハーモニーを響かせると、ファンは息をのんで聴き入っていた。

ホヨン、ヨンスン、カンミンはダンスパフォーマンス。時にキレキレに、時にセクシーに、時にエネルギッシュに踊り、会場をぐっと惹き込んだ。

VERIVERYの多彩な魅力を満喫してからは、自問自答形式でどんな大人に成長したいか、VERIVERYの未来について語るブリッジ映像を挟んでから、黒のジャケットに着替えて「TRIGGER」を披露。パワフルなボーカルと銃を撃つような振付、パワフルなダンスパフォーマンスで会場を盛り上げた。

イベントの後半は、VERRERからの質問に答えるQ&Aコーナー。

「グループのお母さん的存在ホヨンから見て、カンミンがまだまだ子供だなと思う時は?」という質問では、「話しをしても一回で理解できない。何回か説明してあげなければならない」とホヨン。それについてカンミンが素直に認めるとメンバーからは「クールガイだね、大人になったね」と褒められるが、メンバーに対して驚いた出来事についての質問では、カンミンが寝言をよく言ったり重力に逆らうほど寝癖が凄いとケヒョンに暴露され、まだまだ可愛い末っ子ぶりを発揮している様子。グループのリーダーであり、最年長のドンホンに関しては「さっきドンホンさんが5才と言ったことに驚きました」とケヒョンに呆れられるが、ドンホンは「ドンホンさんが元々5才です」とおちゃらけ、“맏막즈(マッマンズ:最年長と末っ子のケミ)”によって、終始笑顔が溢れていた。

この日は、日本デビューシングル「Undercover(Japanese ver.)」の発売日ともあり、日本デビュ-について聞かれたドンホンは「ファンミーティングをしていることも実感が沸いていないので、日本語の曲でデビューすることはまだ信じられないです。早くこのデビューシングルを皮切りに日本での活動をしてもっとたくさんの音楽をVERRERに聞かせたいです」と意気込んだ。

そして、幻想的でセクシーな雰囲気のR&Bダンス曲「O」、緊張感溢れるビートとギターリフが印象的な日本デビュー曲「Undercover (Japanese ver.)」を披露。トークやゲームで見せた面白いイメージとは異なるカリスマ性溢れる姿を披露し会場を熱くした。

場内からは大きな手拍子のアンコールが沸き起こり、それに応えてステージに戻ってきたメンバーは、都会的で洗練されたシンセサウンドが魅力の「Hold me tight」を披露。スタイリッシュなパフォーマンスでファンの心を奪うと、イベントが終わってしまうという名残惜しさが会場を包み込む中、日本語のメッセージを準備してくれたメンバーたち。

ヨンスンは「こうしてファンの皆さんの前で汗を流したのは本当に久しぶりです。いつもこの瞬間を夢見ていたけど、想像していたよりももっと胸がいっぱいになる大切な時間でした。これからもこんな時間をもっとたくさん作りたいです。愛してます」と話すと、ドンホンがモニターに向かって「トントン、誰かいますか?」と茶々を入れて笑いを誘う。続いてカンミンは「みなさんのおかげで力が出ました。僕たちこれからも頑張ってステージをしますので、見守ってください」、ホヨンは「僕たちに会いに来てくれてありがとうございます。これからも一生懸命頑張るVERIVERYになります。今日がファンミーティング最後の日で韓国に戻りますが、すぐに戻って来ますので待っていてください」とメッセージを伝える。

そしてドンホンの番になるが、これまでのツケが回ってきてメンバーにモニターを隠されてしまう。これには素直に「すみません」と反省すると、「どうぞー」と言われて無事に再開。ドンホンは「日本のVERRERの皆さんが僕に言ってくれたきれいな言葉は忘れません。僕たちは韓国に帰りますが、この瞬間がVERRERの毎日の力になればと思います」、ヨンホは「こうして一緒にいれることだけでもすごく幸せで嬉しいです。日本でデビューを祝ってくれてありがとうございます」、ミンチャンは「いつも僕たちに素敵な思い出、幸せな思い出を作ってくれてありがとうございます。僕たちもVERRERの皆さんに幸せな思い出を作るように頑張るから、一緒に幸せになりましょう」、ケヒョンは「こうして公演が終わるので僕は悲しいです。けれど、僕たちがもっともっと一生懸命頑張るのでぜひ見守ってくださいね。愛してるよ」と伝え、別れを惜しみながら最後の曲「So Gravity」を披露。「VERIVERYにとって大切な力はVERRERなのだ」というメッセージを込めて歌うと、客席には「いつも今みたいにVERIVERYのそばにいるよ」というスローガンが掲げられ、メンバーを感動させていた。

歌い終わっても「そばにいたい」という名残惜しさを残しながら「すぐにまた日本に戻ってくるので待っていてください」と再会を約束。記念撮影をしようとすると、日本デビューをお祝いするケーキが登場し、さらにオリコンデイリーシングルランキング初登場9位という吉報も知らされ、日本デビューの好スタートを切ることができた。

ミンチャンは日本語で「このスローガンみたいに僕たちもいつでも今のようにVERRERのそばにいるよ。いつも愛してる」と締めくくると、VERIVERYとVERRERのお互いを想う真心が感じられる感動的な空気の中、ファンミーティングは幕を閉じた。

text:Zackey

photo:(C) Jellyfish Entertainment Japan

JAPAN 1st SingleUndercover (Japanese ver.)
2022/06/22 RELEASE 

<初回限定盤(A ver.)> UPCH-7612 / 1,650円(tax in.) 

<初回限定盤(B ver.) > UPCH-7613 / 1,100円(tax in.) 

<初回限定盤(C ver.) > UPCH-7614 / 1,100円(tax in.) 

<通常盤(初回プレス分) > UPCH-7624 / 1,100円(tax in.) 

<通常盤> UPCH-5986 / 1,100円(tax in.) 

【CD(初回限定盤(A ver.)/通常盤)】 ・Undercover (Japanese ver.) ・O (Japanese ver.) 

【封入特典(A ver.)】 ・フォトブックレット24P ・ホログラムトレーディングカード (全7種のうち1種/ランダム) 

【CD(初回限定盤(B ver.))】 ・Undercover (Japanese ver.) ・Get Away (Japanese ver.) 

【封入特典(初回限定盤(B ver.))】 ・トレーディングカード (全7種のうち1種/ランダム) 

【CD(初回限定盤(C ver.) )】 ・Undercover (Japanese ver.) ・TRIGGER (Japanese ver.) 

【封入特典(初回限定盤(C ver.) )】 ・トレーディングカード (全7種のうち1種/ランダム) 

【封入特典(通常盤(初回プレス分) )】 ・トレーディングカード (全7種のうち1種/ランダム)

■VERIVERY Japan Official Fanclub「VERRER JAPAN」 https://verivery.jp/ 

■VERIVERY日本公式Twitter @the_verivery_jp

■UNIVERSAL MUSIC JAPAN VERIVERY OFFICIAL HP:https://www.universal-music.co.jp/verivery/

最新情報をチェックしよう!
広告
>韓流エンタメのニュース&マガジン

韓流エンタメのニュース&マガジン

K-POP、ドラマ、映画から、ダンスやファッション、アートやコミックまで。
韓流の今をホットに伝えるエンタメ総合マガジン。
ますます広がるK-カルチャー情報をお届けします。

CTR IMG