音楽やドラマだけじゃない。ファッション、アート、ダンス、K-コミック、K-文学など、幅広いK-カルチャー情報を発信する

【オリジナルレポ】海外で初のショーケース「BLANK2Y 1st MINI ALBUM K2Y 1:CONFIDENCE [Thumbs Up] JAPAN SHOWCASE」を開催。日本でしてみたいことは東京ドームで公演すること!

2022年6月30日東京・Spotify O-WESTにて、9人組ボーイズグループ「BLANK2Y」の海外初パフォーマンスとなるショーケース「BLANK2Y 1st MINI ALBUM K2Y 1:CONFIDENCE [Thumbs Up] JAPAN SHOWCASE」が開催された。

BLNK2Yは、ケーブルチャンネルMnet「I-LAND」出身のヨンビンをはじめ、 1THE9出身のルイ、 ENOi出身のドンヒョク、 Mnet「PRODUCE X 101」 とMBC「極限デビュー野生ドル」出身のシウ、 Mnet「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」に出演したマイキー、 「W PROJECT4」出身のソンジュン、 ケーブル チャンネルtvNドラマ「海街チャチャチャ」で活躍したDKと、 中国国籍のU、末っ 子メンバーのソダムの韓国人、 日本人、 中国人のメンバーで構成されたグローバルグループ。

グループ名の「BLANK2Y」は、 「BLANK(空白、余白)」と「KEY(鍵、手がかり)」の造語で、“がらんとした空間を開く鍵”を意味している。

BLANK2Yは韓国で2022年5月24日にデビューしたばかりだが、会場には彼らを応援する大勢の“K2YWE(キウィ:ファンの呼称)”たちが駆け付けていた。

黄色い歓声が飛び交う中、クールなブラックの衣装に身を包んだBLANK2Yが登場。

オープニングは韓国デビュー曲「Thumbs Up」。ソリッドなビートに乗せて「俺たちが最高だ!」とアグレッシブなメッセージを投げかけ、エネルギッシュなダンスパフォーマンスで会場を圧倒した。

熱いパフォーマンスを終えてからは、日本人メンバーのマイキーをスペシャルMCとして迎え、3つのキーワードを通してBLANK2Yを深く知っていくトークコーナーが行われた。

1つ目のキーワードは「Thumbs Up」。今回の1stミニアルバムは、“K2Y”3部作の中の1枚目で、全世界の人々の応援となり自信になってあげるというBLANK2Yの堂々とした姿を表現しているという。ここでは、ブラックとイエローの2種類のミニアルバムを見せながら中に入っているフォトカードやポスターなどの特典をメンバーが紹介、「Thumbs Up」の振付ポイントを披露し、「僕たちの努力が詰まったアルバムなのでたくさん聴いてほしい」とアピールした。

また、日本の好きな食べ物について聞かれたヨンビンは「たくさんあるんですけど、納豆が好きです」と話してファンを驚かせ、シウは「ピーチウォーター(いろはすのピーチ)を探すためにコンビニを6か所まわったけどなかった」とエピソードを話し、Uは日本語で「まだ食べていませんが、日本の寿司が大好きです」と話した。

2つ目のキーワードは「出口のない魅力」。ここでは各自特技を披露してメンバーの魅力をさらに探っていこうというもの。

ルイはカラオケのエコーの音の広がりのモノマネを披露するが、途中で恥ずかしくなって顔を覆いながら「僕の特技はなかったことにしてください」と断念。マイキーは「東京リベンジャーズ」の同じ名前のキャラクター“マイキー”の名セリフを堂々とモノマネしてファンを驚かせ、ドンヒョクはコンタクトレンズを高速でつけ外しするという珍しい特技でファンを心配させつつも成功させた。

続いて、ソダムはご飯を食べながらでもできると余裕を見せながらリフティングをし、バスケットボール選手出身のヨンビンは座ってドリブルをしてスポーツ万能ぶりを発揮。シウは「さくらんぼダンス」で愛嬌を振りまき、DKはポッピンダンス、Uはヒップホップダンス、ソンジュンはビートボックスをそれぞれ披露し、多彩な魅力でファンを魅了した。

最後のキーワードは「BLANK2Y ♡ K2YWE」。K2YWEが気になる質問に答えるコーナー。

「ほかのメンバーを羨ましく思うところは?」という質問でヨンビンは「ソンジュンの声が羨ましい」と話す。そして歌声を聞かせてほしいというリクエストに応え、ソンジュンが優しく甘い歌声を会場に響かせファンをうっとりさせていた。

「好きな日本のお菓子は?」という質問でヨンビンは「うまい棒のチーズ味。食べることが好きなんです」と話した。マイキーは「韓国でもみんなグミが好きで、昨日、ソンジュンにピュレグミを紹介したらすごく気に入っていたんで、言ってくれるかなと思ったんですけど…」と言うとソンジュンは「ピュ、ピュレ…」とどもりながらも「うまい!」と日本語で絶賛し、会場の笑いを誘った。

ここで突然、「し・ぶ・や」を使って3行詩ができるとアピールするルイ。

「し」 — 「渋谷にとてもかわいい愛嬌のある子がいると聞きました」

「ぶ」 — 「부탁(ブタク:お願いのブ)お願いがひとつあります」

「や」 — 「ヤ!(おい)ドンヒョク、愛嬌を見せて!」

無理やり作った3行詩でドンヒョクに無茶ぶりをするルイ。これに対してドンヒョクは照れくさそうにしながらも、ステージ中央でノリノリになって「さくらんぼダンス」を披露し愛嬌を炸裂。実はルイ本人が愛嬌を見せたいのではないかと言われると、会場からは催促する大きな拍手が起こり、ルイも恥ずかしそうにしながら「さくらんぼダンス」をチャーミングに披露してファンを喜ばせた。

BLANK2Yの魅力をたっぷり堪能した後は、パフォーマンスステージへ。

爽やかなフューチャーベースジャンルの「Touch」を披露すると、パワフルに弾むビートに乗せて、伸びやかなボーカルの歌声を会場に響かせた。そして、爽やかな白衣装に着替えてからは、マイクスタンドが準備されたステージにメンバーが並び、ファンソングの「星座」を披露。メンバーひとり一人にスポットライトが当たる中、「足並みそろえて一緒に歩く いつも光になってあげる 君のそばにいるよ 一生君の手を離さない」と優しい歌声で歌い、BLANK2Yの真心をK2YWEに伝えた。

最後のあいさつでは「今日は本当に来てくれてありがとうございます。これからも素敵な姿を見せたいと思うので、これからは泣くことよりも笑うことのできる日々を作っていけるように頑張りたいと思います」と伝え、ステージを去った。

ショーケース後の報道陣向けの囲み取材では、日本でやってみたいことについてマイキーは「近い未来、東京ドームで公演することがやりたいこと」と意気込み、ショーケースを終えた感想を聞かれたソンジュンは「海外に来るのは初めてなのですが、日本に来ることができてとても嬉しいです。ありがたいことに素敵なステージでショーケースをすることができたので、いい思い出になりました」と話した。

「JAPAN SHOW CASE」を記念したポップアップショップを期間限定オープン。7月10日まで、オリジナルグッズ販売や「Thumbs Up」の衣装を展示している。

text:Zackey

Photo:オフィシャル提供

・公式YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCpG7OL3gE5KIQvIhWdzWeEw
・日本公式ウェブサイト: https://blank2y.jp/
・日本公式Twitter:@BLANK2Y_JAPAN
・公式Instagram :@blank2y_official

最新情報をチェックしよう!
広告
>韓流エンタメのニュース&マガジン

韓流エンタメのニュース&マガジン

K-POP、ドラマ、映画から、ダンスやファッション、アートやコミックまで。
韓流の今をホットに伝えるエンタメ総合マガジン。
ますます広がるK-カルチャー情報をお届けします。

CTR IMG