音楽やドラマだけじゃない。ファッション、アート、ダンス、K-コミック、K-文学など、幅広いK-カルチャー情報を発信する

【取材レポ】SE7EN(セブン)約2年半ぶり日本公演でファンと再会☆11月にミニアルバム発売の嬉しいお知らせも!

2003年に「来てくれ」で韓国デビューですると、瞬く間にトップスターに躍り出たソロ歌手SE7EN(セブン)。歌唱力の高さと迫力のパフォーマンスを携えて、2015年に日本デビュー、韓流ブームの先駆けとして多くのファンを魅了してきた。また、歌手活動だけにとどまらず、ミュージカル俳優としても抜群の存在感を発揮している。

そんなSE7ENが7月7日(木)、Zepp Hanedaで約2年半ぶりの来日公演となるファンミーティング「SE7EN 2022 FANMEETING IN JAPAN -0707」、同日夜に開催されたライブ「SE7EN 2022 LIVE IN JAPAN -0707-」 を華々しく開催した。本レポートはライブ公演の模様をお伝えする。

2年半ぶりの来日公演に喜びいっぱい

白のジャケットとシャツで登場すると、NFT音源のリリースとしても話題になった「Mona Lisa」(Korean Ver.)と、リズミカルな「GIVE IT TO ME」でオープニングを飾った。「みなさん本当に久しぶりですよね。2年半ぶりに日本に来てライブすることができて、本当に本当に嬉しく思います」と喜びいっぱいのSE7EN。会場から大きな拍手が沸き起こった。

「まだマスクしてるし、掛け声できないし」とちょっと寂しげな様子を見せながらも、「でも大丈夫です!」と笑顔で切り替える。「みなさんからのリクエストとか、僕が好きな曲を全部集めたライブなので盛り上がると思います」と、これから始まる楽しい時間を予感させた。

そして「Are you ready?」のSE7ENの甘い誘いでライブは本格的にスタート!

「Feel The Fire」「I’M GOOD」「LA LA LA」などを次々と披露した。久しぶりに歌ったという曲の数々に「ファンのみなさんとの良い記憶が思い出されて、気分がいいです」と話した。また「SE7EN DAYに日本にいることが不思議です(公演日が7月7日)」「夢みたいで、本当に来たんだんな」「これからは沢山会いましょう♡」と、ファンに会えなかった2年半を埋めるかのように言葉が溢れ出す。さらに「おかえり!」と可愛らしい日本語の勘違いをして、ファンが「“ただいま”だよ」と教えれば、茶目っ気たっぷりに「おかわりは?」と返す微笑ましい一場面もあった。

主演ミュージカル『ボリュームアップ』劇中歌で圧巻の歌唱

続いてブラックの衣装に着替えて披露したのは、キレキレのダンスパフォーマンスやラップで魅せる「Dangerman」「DIGITAL BOUNCE」 だ。ファンが持つペンライトが激しく上下に揺れ、会場の一体感がさらに増した。歌い終えると「こんなに踊ったのは久しぶり!気持ちいいな」と爽快感たっぷりのSE7EN。

ライブではダンスナンバーだけでなく、しっかりと聴かせる楽曲も用意。主演を務めるミュージカル『ボリュームアップ』(볼륨업) の劇中歌である、「一歩」と「オイアエオ」も披露し、類まれな歌唱力を見せつけた。劇中歌については本公演のためだけにバンドオケが特別にレコーディングしてくれたとのこと。「チームワークが良い舞台なんです」と微笑んだ。

ライブ中盤では「君が好きだよ」「When I Can’t Sing」を歌い上げた。「When I Can’t Sing」は“僕がすべて失っても 歌手ではなくなっても 僕を愛してくれるか?”という内容の歌詞で、琴線に触れる歌声が聴く人の心を揺さぶる。ラストでの背中を向ける演出に、会場全体が息を呑んだ。

公演も終盤になり「いつも応援してくれてありがとう。2年半ぶりのライブはそろそろエンディングなんですけど……大丈夫です!すぐに戻ってくるから」と話すSE7EN。「ジャケ写を撮りました」「そろそろPVも撮る予定なので期待してください」と、11月にリリースされるミニアルバムの準備が着々と進んでいることを明かした。

名残惜しさ溢れるライブエンディング

本編のラストは「今、僕がここにいる理由です」と言葉を添えて、「ありがとう」「COME BACK TO ME + PASSION」を歌い上げた。そして会場の熱気冷めやらぬなか、Tシャツに着替えて再び登場し「Jackpot」「We Need Is Love」で、ダンサーたちと熱いステージを繰り広げライブを締めくくった。

アンコールではなかなか日本に来られなかった悔しさも吐露した。「(コロナウイルス感染症の影響で)2年間はもったいなかった。時間は本当に早くてもったいないですね。これからはたくさん会いに来ます」と会場を見渡した。公演終了が差し迫れば「寂しいね。やっぱり寂しいね」と名残惜しさが溢れた。それでも「最近ずっと俳優だったから、久しぶりに歌手SE7ENになれて楽しい時間でした。歌手SE7ENに戻るために頑張ります」とファンと約束。そして「愛してる~♡」と愛の言葉を叫びながらステージを後にした。

”歌手SE7EN”としてはすでにベテランとも言える立場でありながら、NFT音源でのリリースやMVをPFP(Profile-Picture)NFTで公開したり、一方ではミュージカル俳優としても活躍するなど、多方面に活動を展開している。いつも新鮮な風を届けてくれるSE7ENから、今後もますます目が離せない。

text:MIO

Photo:オフィシャル提供©ARGS

タイトル:SE7EN 2022 LIVE IN JAPAN -0707-

日時:2022年7月7日(木)18:00 開場/19:00 開演 

会場:Zepp Haneda

SE7EN 2022 LIVE IN JAPAN -0707-セットリスト

1.Mona Lisa(Korean Ver.)  

2.GIVE IT TO ME

3.Feel The Fire

4.I’M GOOD

5.LA LA LA

6.ALL NIGHT LONG

7.Dangerman

8.DIGITAL BOUNCE

9.一歩/ミュージカル「ボリュームアップ」より 

10.オイアエオ/ミュージカル「ボリュームアップ」より

11.君が好きだよ

12.When I Can’t Sing

13.光

14.LOVE AGAIN

15.KONNI KONNI

16.ありがとう

17.COME BACK TO ME + PASSION  

アンコール

1.Jackpot

2.We Need Is Love

最新情報をチェックしよう!
広告
>韓流エンタメのニュース&マガジン

韓流エンタメのニュース&マガジン

K-POP、ドラマ、映画から、ダンスやファッション、アートやコミックまで。
韓流の今をホットに伝えるエンタメ総合マガジン。
ますます広がるK-カルチャー情報をお届けします。

CTR IMG