音楽やドラマだけじゃない。ファッション、アート、ダンス、K-コミック、K-文学など、幅広いK-カルチャー情報を発信する

【取材】ユナク初演出舞台『オオカミの誘惑』カラム&ミヌへインタビュー!

  • 2022年7月16日
  • 2022年7月16日
  • K-Culture
  • 579view

韓国の人気俳優カン・ドンウォンが初主演し韓国映画史上空前の大ヒットとなった映画『オオカミの誘惑』。韓国のみならず、日本でも多くの観客の涙を誘った切ない青春ラブストーリーが、日本で舞台としてSUPERNOVA(超新星)のユナクの初演出で7月23日(土)~31(日)に銀座・博品館劇場にて上演される。

現在稽古真っ最中のジェイ(本田鼓太朗)役:カラムさんと佐藤有馬役:ミヌさんに書面にてインタビューを実施させて頂きました!

お忙しいスケジュールの合間に、丁寧にしっかりとそしてアツい言葉をくださいました^^

さらにサイン入りチェキのプレゼントは、ソロとペアがありますよ!

ぜひこの記事を読んで舞台『オオカミの誘惑』をより楽しくご覧ください♪

ご自身の演じる部分での見どころ、注目ポイントは?

ミヌ:有馬役を演じるミヌです。エセ関西人の役なので、初めて関西弁を使ったり、、、こんなにテンションの高い役は初めてなので、そういうところも皆さんに楽しんでもらえると思います。

カラム:今回ジェイという役を演じます。ジェイの見どころは、男らしさとかかっこいい姿ですけど、その中にある寂しさとかもあって、いろんな感情を持ったかっこいい男を演じるために今がんばって稽古しています。あとアクションも多いので、そこも楽しんで観てほしいと思います。

ご自身以外の役の方で「ここみてほしい!」というシーンは?

カラム:朝岡役ですけど、ジェイとは違うかっこよさを持つ男で、日本だったらなんていうんだっけ、、、ツンデレ? ツンデレ系が好きな人は絶対にハマると思います。

ミヌ:僕はジェイ役がかっこいいと思います。みんなハマると思うのでお勧めです。僕も機会があったら演じてみたいと思うくらいいい役だなーと思います。

「キャ~」という黄色い悲鳴で韓国中の映画館が揺れたなんて噂もある、カン・ドンウォンさんの”傘からチラッと見る”シーンは今回の舞台でありますか?

カラム:キャーっとなるのは、韓国も日本も同じだと思いますけど、そこを今回もみなさんをキュンとさせるために、演出のユナクさんがいろいろ一生懸命考えてくれているので、そこも一つのポイントとして楽しみにしてほしいです。

ただ一つ、、、僕がカン・ドンウォンさんみたいに全然かっこよくないんで、そこはちょっと・・・・みなさん、広い心と温かい眼で見てくれたらうれしいなと思います(笑)

今なぜこの映画を舞台にして日本で上演をすることに決めたのでしょうか?

カラム:難しい質問ですけど・・・僕が思うのは、恋愛小説が原作で、女性からみたらキュンとするポイントが多いことがこの作品が大ブレイクした理由の一つだと思うんですね。。。。今、韓国ドラマも人気ですけど、やっぱり女性がキュンキュンする作品だから日本も共感する人が多いんじゃないかなと思うので、そこが日本でやろうとした理由なんじゃないかなと思います。

ミヌ:同感です!(笑)

カラム:日本の映画は結末を予想するのが難しいけど、韓国の映画はなぜかラストが予想しやすいものが多いんですよね。でもそれを超えた感動ポイントが詰ってるんで日本のみなさんも好きなんじゃないかなと思います。

ミヌ:同感です!(笑)やっぱりいい作品だから、世界中のどこでも同じように感動する作品だから日本でも舞台化が決定したと思います。

読者の方へ、この舞台が観に来たくなるようなメッセージや意気込みをお願いします!

ミヌ:まず、僕としては、みなさんが初めて見る姿だと思います。新しい挑戦になると思います。あとそれぞれのキャラクターが魅力的で、それが合わさってとても楽しく観れると思います。それに2チームあるのでそれも違う雰囲気をもってやっているので、そこも観てほしいと思います。

カラム:ミヌが言ったように、前半と後半で2チームに分かれてやりますが、僕はどちらのチームにも入るので、それぞれのチームの魅力が違うのも見どころだと思います。アクションもあるし、日本の方が演じる韓国の作品っていうのがあまりないと思うので、そこを見てほしいと思います。普通の恋愛話ともちょっと違う魅力があるので、新しいものをみなさんにお見せできたらと思いますので、是非是非楽しみにみにきてほしいと思います。

Text&photo: 舞台『オオカミの誘惑』実行委員会 提供

現在大好評チケット販売中!

空席のある回のみ当日券の販売もあるそう。

ユナクさんの演出で『オオカミの誘惑』はどのような舞台になるのか?!

記念すべき初演出作品というところにも注目です。

―公演概要―

【公演日】2022年7月23日(土)~7月31日(日)

【会場】 銀座博品館劇場 (東京都中央区銀座8-8-11)

【開場/開演】

・7月23日(土)

【1部】開場 13:15/開演 14:00 【2部】開場 17:15/開演 18:00   

・7月24日(日)

【1部】開場 12:15/開演 13:00 【2部】開場 16:15/開演 17:00   

・7月25日(月)・ 7月26日(火)・ 7月28日(木)・ 7月29日(金)

【1部】開場 14:15/開演 15:00 【2部】開場 18:15/開演 19:00   

・7月30日(土)

【1部】開場 12:45/開演 13:30 【2部】開場 16:45/開演 17:30

・7月31日(日)

【1部】開場 11:45/開演 12:30 【2部】開場 15:45/開演 16:30   

※7月27日(水)休演日

【チケット代】 全席指定席 ¥9,300(税込)   ※4歳以上有料,3歳以下入場不可

【キャスト】  ジェイ(本田鼓太朗)役:中山優貴(SOLIDEMO)・カラム

         朝岡晴光 役:正木郁・小澤亮太

        本田 雫 役:越智ゆらの・白石まゆみ

        佐藤有馬 役:ミヌ・松本旭平

        足立柑菜 役:伊藤優衣・松村芽久未

        乾さゆり 役:小山璃奈・田口華

        望月莉子 役:黒木美佑・谷真理佳 

        千代田海 役:安井摩耶・比嘉琉々香   

【演出】      ユナク (SUPERNOVA(超新星))

【演出補】   藤原新太(オフィスニグンニイバ/ TEAM花時。)

【原案】    SIDUS CORPORATION

【脚本】      川滿佐和子(Queen-B) 

【アクション指導】 阿比留大樹

【協力】   エイベックス・マネジメント/SV ENT/ HONEST/

サンミュージックプロダクション/Showtitle/白石まゆみ事務局/

ディスカバリー・ネクスト/mitt management/メディアプラネット/

吉本興業/ワタナベエンターテインメント      (五十音順)

【主催】  舞台『オオカミの誘惑』実行委員会

【お問い合わせ】 stage@risecom.jp

▶舞台『オオカミの誘惑』オフィシャルサイト:https://ticketstage.jp/ookaminoyuuwaku/

▶舞台『オオカミの誘惑』オフィシャルTwitter: https://twitter.com/ookami_2022(@ookami_2022)

【サイン入りチェキプレゼント!】

Hwaiting!読者のみなさまへ、サイン入りチェキのプレゼント。

抽選でなんと5名様!(どのチェキが当たるかはお選び頂けません)

応募方法は後ほどこちらのTwitterアカウント「Hwaiting!_LIVE」https://twitter.com/Hwaiting_LIVE (@Hwaiting_LIVE)にて。

フォローしてお待ちくださいね!

最新情報をチェックしよう!
広告
>韓流エンタメのニュース&マガジン

韓流エンタメのニュース&マガジン

K-POP、ドラマ、映画から、ダンスやファッション、アートやコミックまで。
韓流の今をホットに伝えるエンタメ総合マガジン。
ますます広がるK-カルチャー情報をお届けします。

CTR IMG