音楽やドラマだけじゃない。ファッション、アート、ダンス、K-コミック、K-文学など、幅広いK-カルチャー情報を発信する

ソ・イェジ(「サイコだけど大丈夫」)主演!新たな韓国サスペンス映画『君だけが知らない』日本公開10月28日(金)決定! 予告編&ビジュアル解禁!監督コメントも到着!

  • 2022年8月13日
  • 2022年8月13日
  • K-MOVIE
  • 190view

  『パラサイト 半地下の家族』『オールドボーイ』『嘆きのピエタ』など数々の傑作サスペンス映画を生みだしてきた韓国。刺激的でドラマチック、二転三転する物語の構図は、韓国映画の真骨頂として多くの観客を魅了してきた。そしてこの度、サスペンスというジャンルにとどまらず、観る者に混乱をもたらし、感情を激しく揺さぶる新たな韓国サスペンス映画が誕生。

映画『君だけが知らない』が、2022年10月28日()に日本公開することが決定!

ある事故で記憶を失った主人公・スジンは、幻覚で未来が見えるようになり、彼女の身の周りで不可解な事件が次々と起こる。壊れた記憶、身元不明の遺体、怪しい隣人と謎の少女、そして、優しすぎる夫。過去・現実・未来―真実は一体どこにあるのか?ノンストップで繰り広げられる怒涛のクライマックス、すべてが逆転する。

主人公・スジン役には、「サイコだけど大丈夫」で日本でも一躍有名になった
ソ·イェジ、夫・ジフン役には、実力派俳優として確固たる地位を確立している
キム·ガンウが抜擢された。メガホンをとるのは女性監督のソ·ユミン。ホ・ジノ監督(『八月のクリスマス』『四月の雪』)のもとで長年にわたり助監督や脚本を手掛け、本作にてデビュー作ながらも、2021年公開時に韓国ボックスオフィス初登場NO.1を記録した。

解禁となった日本オリジナルの予告は、不慮の事故で記憶を失くしたスジンが、夫のジフンに献身的にサポートされるシーンから始まり、もうすぐカナダに移住する2人の日常が穏やかに映し出されていく。しかし、ある日、スジンがトラックに轢かれそうになる少女の幻覚<未来>を見たことを境に事態は急転。度々起こる不可解な現象に、スジンは、目の前で起きていることは現実なのか未来なのか、はたまた妄想なのかが次第にわからなくなっていく。さらに突如として浮かび上がる事件。フラッシュバックのような数々の記憶の断片が意味するものとは?そしていったい自分自身は何者なのか、物語の行く末が気になる仕上がりとなっています。

また、あわせて到着したポスターは「記憶を失くした妻 優しすぎる夫 わたしは誰?」という反転するキャッチコピーとともに、物憂げな表情を浮かべ、耳を澄ませているような仕草をするスジンが描かれている。そして下段に記された「結末を知った時、真実は逆転するー主人公は二人いる。」という文言は何を示唆しているのか?本編への期待がますます高まる新たな韓国サスペンスにご期待ください!

【ソ·ユミン監督のコメント】

物語のインスピレーションは、私が日常生活で感じた恐怖です。一番近い関係にある恋人や、親密な夫婦関係にある人が、見たこともない表情を見せた瞬間があり、その人が本当に自分の知っている人なのかと恐怖を感じることがありました。驚きだけではなく、真実を知った先にカタルシスを感じてもらうことを念頭におきながら作りました。

成瀬巳喜男監督の『浮雲』から濱口竜介監督の『ドライブ・マイ・カー』まで、数え切れないほどの作品を見てきた日本映画ファンとして、私の映画が日本で公開されるのはとても新鮮な思いです。洗練された感覚を持つ日本の観客の皆さんがどのようにご覧になるのか、私は非常に興味があり、緊張しています。上映をお楽しみください!

【あらすじ】

事故に遭い、記憶を失ってしまったスジン(ソ・イェジ)。夫・ジフン(キム・ガンウ)の献身的なサポートで、日常生活を取り戻し始めるも、幻覚で未来が見えるようになっていく。そんなある日、スジンは殺人現場を目撃してしまい、実際に死体が発見された。次第に彼女の精神は混乱していき、夫さえも怪しむようになっていく…。

映画『君だけが知らない』

監督・脚本:ソ・ユミン 出演:ソ・イェジ、キム・ガンウ、パク・サンウク、ソンヒョク

2021年/韓国/ 韓国語/100分/カラー/スコープ/5.1ch/原題:내일의 기억/英題:RECALLED/字幕翻訳:石井絹香

配給:シンカ

コピーライト:©2021 CJ ENM. All Rights Reserved.

公式HP:https://synca.jp/kimishira/

公式Twitter:@kimishira_movie  Twitter:https://mobile.twitter.com/kimishira_movie  #君しら #君だけが知らない

20221028()よりシネマート新宿、池袋シネマ·ロサ、

UPLINK吉祥寺、kino cinéma立川髙島屋S.C.全国公開!

最新情報をチェックしよう!
広告
>韓流エンタメのニュース&マガジン

韓流エンタメのニュース&マガジン

K-POP、ドラマ、映画から、ダンスやファッション、アートやコミックまで。
韓流の今をホットに伝えるエンタメ総合マガジン。
ますます広がるK-カルチャー情報をお届けします。

CTR IMG