音楽やドラマだけじゃない。ファッション、アート、ダンス、K-コミック、K-文学など、幅広いK-カルチャー情報を発信する

【韓国系男子図鑑】File No,1 内海大輔

アーティスト活動、俳優活動など、多方面に活動を展開している内海大輔さんに「韓国系男子図鑑」のFile No.1としてインタビューをさせていただいた。

内海さんは韓国グループのカバーダンスを動画サイトに企画投稿したり、自身の単独ライブでも披露している韓国系男子。

今回は、ニューシングルEP「PLAY」の聴きどころや、ファンへの想いなども語ってくれた。

──ライブステージではBTSや東方神起、BIGBANGのSOLなど韓国アーティストのカバーパフォーマンスをされていますよね。カバーしてみたいなと思う基準はなんですか。

”この曲は良いな”と心から思えることがまず第一の選択理由です。そのうえで自分にマッチしていること。歌ったりパフォーマンをしたら、自分の良さが引き出せるものを選んでいます。基本的にはファンのみなさんと一緒で、心を曲に掴まれると“歌いたいな”と思いますね。

──内海さんはダンサー・アーティスト・俳優など、さまざまな顔を持っています。マルチに活動する上でのプラス面、また大変な面を教えてください。

プラス面はジャンルレスにファンの方に会えることです。俳優業をしていないと会えないお客さんにも見てもらえたり、逆にアーティストでなければ会えないお客さんもいたりとか。出会う共演者もファンのみなさんも、それぞれの活動をやっていなければ、見てもらえなかったと思います。見てもらう機会が増えることは、やはり強みだと思います。

あとは表現の部分ですね。お芝居から得るものと、歌から得るものはすごくリンクするということに、この2、3年で気づかされました。両方やっていて本当に良かったなと思います。

当初はお芝居に苦手意識や抵抗があったけれど、今はやっていて良かったと思います。もっとやりたいぐらいです。お芝居は音楽にも生かされるし、音楽もミュージカルに出るときに生かされます。持ちつ持たれつというか、相乗効果があることがプラス面ですね。

大変なことはスケジュールです。舞台をするとライブとスケジュールが重なるので。舞台稽古をして夜行バスで移動して、ライブを2本やって1、2時間寝て、また稽古に行ってとか……

──かなりハードですね

内海:頑張った分、得られるものも大きいです。だから頑張れるというのもあります。

演技活動は頑張った分、技術面でも気づかされることが多いです。“この感情はこういう風に表現できるんだな”とか、新しい引き出しが増えたり。学びが多いので損はないです。

──716日にニューシングルEPPLAY」がデジタルリリースされました。切ない系のしっとりとしたダンスチューンとのことですが、ダンスの振り付けポイントや、特に注目して聴いてほしい部分を教えてください。

ダンスにキャッチャーさはないのですが「叶わない恋の歌」なので、心から溢れる想いを拾い集め、それでも届かない切なさを表現しています。

2番のBメロは、歌詞に合わせて〈自分の心との葛藤〉を振付けでも表現していますが、とにかく難しい!タイミングやリズムの取り方が難しいんです。名付けるなら「葛藤ダンス」「叶わぬ恋ダンス」ですかね(笑)

──いよいよ夏本番です。ファンのみなさんにオススメしたい、お気に入りサマーチューンを教えてください。

「Summer Vacation」をオススメしたいです。ファンと一緒に手の振付けをするところがあるので、ライブではめっちゃ盛り上がります。

※「Summer Vacation」は2022年5月にリリースしたアルバムのタイトル曲

──いつも応援してくれるファン、そしてこれからファンになる方へメッセージをお願いします。

内海:コロナ渦のなかでも、根強くお応援してくださり感謝しています。どのアーティストさんもそうだと思いますが、この期間に応援してくれるファンへの想いは特別なものがあります。大切にしなければいけないと思いますし、支えていただいていると強く感じる2年間でした。本当にありがとうございます。これからも応援してほしいです。もっと良いものを見せられると思うので、楽しみにしていてください♡

そして、さまざまな活動を通して僕に興味をもってくださった方!好きになるタイミングや出会いのタイミングは人それぞれなので、怖がらずに僕の世界に飛び込んできてほしいです。絶対に楽しませますので、気軽にまずは遊びに来てください。僕のファンは優しいので安心して来てくださいね♡

インタビューは7月のあるステージのリハーサル直後に行われたのだが、内海大輔さんは疲れを微塵も感じさせず、終始にこやかに記者の質問に回答してくれた。とくにファンへのメッセージは少し考えてから、より丁寧に話す様子が印象的だった。
デジタル配信リリースされた「PLAY」はシティ・ポップの音を取り入れた切ない恋の歌。洗練されたお洒落な楽曲を、この夏のプレイリストに追加してみてはいかがだろうか。

Interview&Text:MIO

photo:AaruTakahashi

【内海大輔(うつみだいすけ) プロフィール】

1992年10月17日生まれ。

2009年に開催された第22回ジュノンスーパーボーイコンテストでファイナリスト12人に選出(MAXIM カフェメニュー賞受賞)。その後、舞台・ミュージカル等多数出演。

2020年よりセルフプロデュースソロダンスボーカルとして初ワンマンライブを開催。

現在も俳優として継続的に出演も行いながら、都内を中心にライブ活動中。

・公式Twitter

https://twitter.com/daisuke_utsumi ( @daisuke_utsumi  )

・公式Instagram

https://www.instagram.com/daisuke_utsumi/ ( @daisuke_utsumi  )

・公式YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCxKh6nj8vSQH0mQqaMCux3g/featured

【出演情報】

・『Tsudoi~真夏のサンシャイン編~』
2022年8月20日
SHOWBOX

・2PS Presents
「LIVE × LIVE × LIVE」 
2022年8月21日
羽田 TIAT SKY HALL

・『SING OUT!!!』
2022年8月27日
SEL OCTAGON TOKYO

・『UTAGE SING! SING! SING!@KT Zepp 横浜』
2022年9月12日
KT Zepp Yokohana

・マンスリーライブ
2022年9月25日

・舞台『リセット』
2022.10/13(木)~10/16(日)
シアターグリーン BIG TREE THEATER
https://reset-2022.amebaownd.com

・誕生日ライブ
2022年10月22日

【リリース情報】

2021年10月17日 「Night Flight」

同年10月30日 「I Still Love You」

同年11月16日 「トキハナテ」

2022年5月15日 「I can feel it」(iTunes Store • R&B/ソウル トップアルバム • 日本 • 8位 )

https://www.tunecore.co.jp/artists/Daisuke-Utsumi

2022年7月16日 「PLAY(Prod.KOSUKE)」

2022年8月13日「共犯者 (feat. 内海大輔 & Saarah)」

最新情報をチェックしよう!
広告
>韓流エンタメのニュース&マガジン

韓流エンタメのニュース&マガジン

K-POP、ドラマ、映画から、ダンスやファッション、アートやコミックまで。
韓流の今をホットに伝えるエンタメ総合マガジン。
ますます広がるK-カルチャー情報をお届けします。

CTR IMG