音楽やドラマだけじゃない。ファッション、アート、ダンス、K-コミック、K-文学など、幅広いK-カルチャー情報を発信する

【オリジナルレポ】BAE173が「BAE173 Special Live in Japan 2022」を開催!ファン‟ELSE”はキレイでかっこよくてキラキラ☆

9人組の実力派ボーイズグループBAE173が9月18日・19日に「BAE173 Special Live in Japan 2022」を東京・ニューピアホールで華々しく開催した。BAE173はX1出身のイ・ハンギョル(以下、ハンギョル)とナム・ドヒョン(以下、ドヒョン)、さらにジェイミン、ユジュン、ジュンソ、ムジン、ヨンソ、ビッ、ドハの9人で構成されている。メンバー自身が作詞作曲、編曲で制作に参加しており、新しい作品が出るたびに楽曲やダンスパフォーマンスから成長を感じるグループだ。

その証拠に最新の4thミニアルバム「ODYSSEY:DASH」は、海外メディアでも高く評価されている。グループの最年少で今作のプロヂューサーを見事に務め上げたドヒョンを、イギリスの音楽総合サイトNME(New Musical Express)やアメリカのGenius Koreaがそのプロデュース能力を高く評価している。世界中の音楽マニアたちから熱視線を浴びるBAE173待望の約4ヶ月ぶりとなる日本公演には多くのファンが集まった。

本レポートでは9月19日の公演模様をお伝えする。

オープニングは4thミニアルバム「ODYSSEY:DASH」のタイトル曲「DaSH」(日本語ver)で勢いよく登場すると、会場が一気にヒートアップ!この日を待ちわびたELSE(エルス)たちのハートに火を付けた。<抑圧された世界を抜け出して前進し続けよう!>という前向きで力強い歌詞と激しいダンスパフォーマンスで会場を温めた。

※エルス(ELSE)はBAE173ファンの愛称

1曲目を歌い終えると呼吸を整えながら爽やかにした挨拶した。「今日も来てくださって本当にありがとうございます。大切な時間を楽しんでいただければと思います。愛してますよ♡」(ムジン)、「この1日の間にまたさらに、かっこ良くなったので(公演を)見守ってください」(ジェイミン)。「ELSE達こんにちは。みなさんのワンちゃん、ネコちゃんのユジュンです♡僕は昨日よりもさらに可愛くてセクシーなので、今日もたくさん期待してください」「(日本語で)いっぱい愛してる~!」(ユジュン)と、愛嬌たっぷりの挨拶にELSEの胸キュンは止まらない。

公演ではアンコールを含む全15曲を歌い駆け抜けた。前半では「반하겠어」(惚れちゃう)、「사랑했다」(愛した)を軽快に、そしてファンソングである「모두 너야」(すべて君だよ)や「I Can’t Sleep」を丁寧に歌い上げて会場を酔わせた。さらにライブ中盤ではユニットパフォーマンスで盛り上がった。ジェイミン&ドヒョンは2人が制作に加わった「#Trace」で強烈なラップを披露しトップバッターを飾ると、続くヨンソは9月7日に配信されたばかりのソロ曲「편지」(手紙)でしっとりと聴かせた。さらにジュンソ&ムジンは舞踊を取り入れた感情豊かな振付けのダンスパフォーマンスを、ハンギョル&ドヒョンはユニットのH&Dでリリースした、切ないメロディーラインが特徴的な「낯설어 」(Unfamiliar)や「SOUL」でファンのハートを射抜いた。

ユニットパフォーマンスが終わると再び9人のステージへ。中毒性のある楽曲「걸음마」(get him UGH)、「JAWS」ではファンが持っているペンライトが大きく揺れて、会場全体が一体感で包まれた。コロナ対策により、大きな歓声や掛け声などはできないが、メンバーとELSEの呼吸はピッタリ!本編ラストは「DaSH」(韓国語ver.)、さらにアンコールでは「혼자가 아니야」(ひとりじゃない)、「JAWS」(韓国語ver)の2曲を披露して東京公演を締めくくった。

MCでグループ最年長組のハンギョルは、ファンの存在の大きさについて「今こうしてステージに立たせてもらっているこの瞬間や、ELSEが応援してくれる時」に感じると、しみじみ語っていた。そして日本語で「ELSE!一番きれいです。ELSE!一番かっこいいです。ELSE!一番キラキラです」と3段階でファンを絶賛する場面もあった。

‟ELSEといると時間が経つのが早いね”と口々に話すメンバーたちは、「今日という日を忘れずにいましょう」と名残り惜し気な様子が印象的だ。ムジンは「東京にまた来ますので、もうちょっと待っていてください」とにっこり笑顔で再会を約束。BAE173は今回の来日中、公演のリハーサル見学、サイン会、ビデオ通話などで積極的に日本のファンたちと交流した。こうした特別な温かい思い出は、今後の活動への大きなパワーとなるに違いない。

グループ名の末尾にある数字『173』は、完全なるものを象徴した‟1”と幸運ナンバー‟73”の意味がある。ファンとの温かい思い出で築かれていくプラスのエネルギーは、BAE173にさらなる飛躍をもたらす幸運の鍵となりそうだ。

text:MIO

AE173 Special Live in Japan2022

  ■東京公演日時

  日程:2022年9月18日(日)、9月19日(月)

 場所: ニューピアホール(東京都)

 9月18日 17:00開始

 9月19日 16:00開始

 ■大阪公演日時

  日程:2022年9月23日(金)、9月24日(土)

 場所: アゼリア大正ホール(大阪府)

 9月23日 17:00開始

 9月24日 16:00開始

BAE173日本公式サイト https://bae173.jp

BAE173公式Twitter https://twitter.com/bae173_official

最新情報をチェックしよう!
>韓流エンタメのニュース&マガジン

韓流エンタメのニュース&マガジン

K-POP、ドラマ、映画から、ダンスやファッション、アートやコミックまで。
韓流の今をホットに伝えるエンタメ総合マガジン。
ますます広がるK-カルチャー情報をお届けします。

CTR IMG