音楽やドラマだけじゃない。ファッション、アート、ダンス、K-コミック、K-文学など、幅広いK-カルチャー情報を発信する

ABEMA/ボイプラ  K vs Gグループバトルの後半戦の全パフォーマンス終了!「褒めるところはない」「見れられない」「カリスマ性がなさすぎる」など練習中にダメ出し続出…一方「鳥肌が立った」「刺激的すぎる」など圧巻のパフォーマンスに反響多数!初の脱落者が決定する勝負の行方は…?/グローバルボーイズオーディション番組『BOYS PLANET』#4放送後レポート

  • 2023年3月2日
  • 2023年3月2日
  • K-POP
© CJ ENM. All Rights Reserved.
© CJ ENM. All Rights Reserved.

「ABEMA」で日韓同時、国内独占無料放送中の『BOYS PLANET』は、
少年たちがグローバルデビューを懸けて様々なミッションとコンテストを通して成長していくオーディション番組です。
本プロジェクトの始動にあたり、韓国をはじめとするアジア、ヨーロッパ、アメリカ、中東など84の国と地域から応募が殺到。
そのなかから厳選された参加者が、韓国人参加者のみで構成されるKグループと、
韓国以外の国の参加者で構成されるGグループで熾烈なデビュー競争を繰り広げています。

2月23日(木)20時50分から放送された#4では、KグループとGグループがそれぞれ7チームを結成し、
同じ曲を選んだチーム同士で対決するK vs Gグループバトルの後半戦の模様をお届け。
ハイレベルなパフォーマンスが続出する中、放送中のTwitterでは「#ボイプラ」や、
パフォーマンスが話題を呼んだ参加者たちの名前が多数トレンド入りを果たし、大きな話題を呼びました。

BTSの『Danger』での対決では、チェン・ウィーゴン、ドンドン、樹(ITSUKI)、拓斗(TAKUTO)、
ワン・イェンホン、ヤン・チュイン、佑都(YUTO)からなるGグループが先にパフォーマンスを披露。
チーム決めの際に指名されなかったメンバーが集まったことをそれぞれが後ろめたく感じている中、
練習中に「雰囲気が悪すぎる」と不満がぶつかる場面も。しかし本音で語り合うことで、前向きな雰囲気に切り替えて練習を再開。
本番のパフォーマンスを見たマスターからは、高音パートが多いにも関わらず大きなミスがなかった点を評価されました。
対して、イ・ダウル、チェ・ジホ、ジョン・ウソク、チョン・イチャン、
キム・ミンヒョク、イ・スンファン、イム・ジュンソによって構成されたKグループは、
練習パフォーマンスを見た他の参加者たちから「このチームはちょっと心配」「褒めるところはない」など率直な声が寄せられてしまいます。
さらに、パート分けをめぐって意見が対立してしまうトラブルも発生。
歌声が出なかったりダンスを間違えたりしていたリハーサルの模様に、
マスターからは「このままだとみんな潰れる」「本当に見てられない」など厳しい言葉が続出。
しかし本番ではパワフルなパフォーマンスで挽回し、
「本当にドラマティック」「レベルが違うね」「かっこよかった」などの評価を得ました。

© CJ ENM. All Rights Reserved.

続けてStray Kidsの『Back Door』での対決では、これまでに発表されてきた順位でTOP3を守り抜いているキム・ジウン、
ハン・ユジンに加え、チ・ユンソ、キム・ミンソン、キム・テレ、
クム・ジュンヒョン、ユン・ジョンウで構成されたKグループがパフォーマンス。
練習中にはマスターがハン・ユジンに「ダンスが中途半端」「パフォーマンスを邪魔するメンバー」などダメ出しするも、
他のメンバーが明るい雰囲気でサポート。本番のパフォーマンスではマスターからは「うますぎる」「圧倒された」などの言葉がかけられ、
他の参加者たちからも「鳥肌が立った」「刺激的すぎる」など感嘆の声が寄せられました。
対するGチームは、リッキー、ブライアン、チェン・ジェンユー、
ポン・ジュンラン、クリスティアン、ナ・カムデン、ジャン・シュアイボーがグループを結成。
練習中にはマスターから「カリスマ性がなさすぎる」「歌のキャラと会っていない」などの意見が飛び出し、
パート分けでもメンバー同士の意見が衝突。緊張感が走るような雰囲気の中、本音でぶつかり理解し合って無事に練習を再開。
本番では「表情の出し方がうまい」「圧倒的だった」など、他の参加者たちから称賛の声が寄せられました。

最後に、イ・フェテク(PENTAGON・フイ)や、これまで常に1位を獲得してきたソン・ハンビンに加え、
ハン・ソビン、キム・ギュビン、イ・ジョンヒョン、イ・イェダム、オ・ソンミンで構成されたKチームが、
EXOの人気曲『LOVE ME RIGHT』を披露。キリングパートを担当していたイ・イェダムは、
練習中のマスターからのアドバイスを受け、「一生懸命やるのと、自分に合うのとは違う」
「他のメンバーがやったほうがもっと似合う」と素直な心情を告白。
リーダーのイ・フェテクの推薦でソン・ハンビンにキリングパートを交代することになると、お互いに握手をしてパートを交代。
チーム全体を思ったメンバー同士の優しさが垣間見えました。
喉の調子が良くないイ・フェテクも無事に高音を歌い切り、チーム一丸となって乗り切った本番のステージは、
マスターから「本当に上手」「初めてもう一回見たいと思った」などの評価を得ました。

今回のバトルの審査は、会場にいるスタークリエイターの投票が100%反映され、
ミッション終了後に初めての脱落者が発生することが明らかになっています。
また、スタークリエイターが「もう一度みたい」と思ったチームに選ばれると、
最新のK-POPチャートを生放送でお届けしているMnetの人気番組「M COUNTDOWN」に出演できる権利を獲得するチャンスも。
ハイレベルなパフォーマンスが続出した勝負の行方は、「ABEMA」にて日本語字幕付きでご覧いただけます。

© CJ ENM. All Rights Reserved.

本日3月2日(木)20時50分から放送する#5では、初の脱落者と52名の生存者が明らかに。
注目の順位発表が行われる放送にぜひご注目ください。

「ABEMA」では、今後も韓国ドラマや、オーディション番組、サバイバル番組の日韓同時、国内独占無料放送、
K-POPグループのライブ配信などを積極的に進めてまいります。

■ABEMA日韓同時、国内独占無料放送『BOYS PLANET』 概要
#4放送日時:2023年2月23日(木)
放送URL:https://abema.tv/video/episode/458-24_s1_p4

本日放送日時:2023年3月2日(木)20時50分~ 
放送URL:
・K WORLDチャンネル(通訳版):
https://abema.tv/channels/k-world/slots/9dCCeApMKeux1M
・ABEMA SPECIAL 2チャンネル(簡易字幕版):
https://abema.tv/channels/special-plus/slots/9dCCaY155Nae4f

※画像 © CJ ENM. All Rights Reserved.

© CJ ENM. All Rights Reserved.
© CJ ENM. All Rights Reserved.
最新情報をチェックしよう!
>Kカルチャーのニュース&マガジン

Kカルチャーのニュース&マガジン

K-POP、ドラマ、映画から、ダンスやファッション、アートやコミックまで。
韓流の今をホットに伝えるニュース&マガジン。
ますます広がるK-カルチャー情報をお届けします。

CTR IMG