音楽、ドラマ、映画から、グルメやファッション、コスメまで~韓流を中心に、アジアエンタメとカルチャーを発信。

ウォンビンが帰ってくる?「ブラザーフッド」、4Kリマスター再上映が決定

ウォンビンが映画館に帰ってくる。ただし、新作映画ではなく2004年公開の映画「ブラザーフッド」が映画館で再び公開されることが確定したのだ。

映画「ブラザーフッド」は、忘れられない1950年6月、朝鮮戦争下における兄弟の葛藤と友愛、そして悲劇を描いた作品である。

民族を二分した朝鮮戦争を背景にしたアクションブロックバスター「ブラザーフッド」は、2004年公開当時、初週の観客177万人、韓国映画史上最短での1千万観客突破などの新記録を立てた。また第40回百想芸術大賞、第25回青龍映画賞、第50回アジア太平洋映画祭などの授賞式で授賞し、作品性を立証している。

公開20周年を記念して4K解像度でリマスターされたバージョンで上映されるため、すでに見たことのある観客はもちろん、また見たことのない観客たちにも最新のブロックバスターにも劣らないスペクタクルな映像を披露すると期待されている。

公開されたメインポスターは兄ジンテ(チャン・ドンゴン)と弟ジンソク(ウォンビン)の荘厳な姿が際立つ。2人が別々の方向を眺める姿は、2人の間の狭まらない葛藤を表しているようで、観たことのある観客には当時の悲しみと感動を再び感じさせ、観たことのない観客には、果たして彼らを待つ残酷な運命はどんな結末を見せるのか気がかりにさせる。

公開されて20年を記念して帰ってくる名作映画「ブラザーフッド」は6月6日にロッテシネマで公開される。

ウォンビンは、去る2010年に公開された映画「アジョシ」を最後に、なんと14年間、何の作品にも出演していない。俳優としての姿を見ることが無くなったウォンビンの目撃談や近況が公開されるたびに注目が集まっている。

一部のファンには「もちろん俳優として一時は活発に活動したし、その後どうするかは個人の選択だが、ウォンビンの場合は度が過ぎるのでは」という反応もある。ウォンビンは引退せず作品にも出ないが、CMにだけは出ている。着実に広告モデルに抜てきされるのも自身の能力だろうが、相対的に作品より手間がかからない広告でしっかり稼いでいると解釈される向きもあるようだ。


Copyrights(C) Herald wowkorea.jp hwaiting.me

最新情報をチェックしよう!
広告

映画の最新記事8件

>韓流・アジアエンタメ/ニュース&マガジン

韓流・アジアエンタメ/ニュース&マガジン

音楽、ドラマ、映画から、グルメやファッション、コスメまで~韓流を中心に、アジアエンタメとカルチャーの今をお届けします。

CTR IMG