音楽、ドラマ、映画から、グルメやファッション、コスメまで~韓流を中心に、アジアエンタメとカルチャーを発信。

【公式】ソ・ガンジュン、除隊後最初の作品は「アンダーカバーハイスクール」…高校生になった国家情報院要員

俳優ソ・ガンジュンが戻ってくる。

2025年上半期にMBCが披露する新しい金土ドラマ「アンダーカバーハイスクール(仮題)」の主人公にソ・ガンジュンが確定した。ソ・ガンジュンのMBCドラマ出演は「華政(ファジョン)」以来10年ぶりだ。

MBCが12部作で披露する「アンダーカバーハイスクール」は、高宗皇帝の消えた金塊の行方を追うために身分を隠して高校生として偽装潜入した国家情報院要員のドタバタの活躍記を描いたコミック活劇だ。

ドラマ「アンダーカバーハイスクール」でソ・ガンジュンは主人公のチョン・ヘソンを演じる。ヘソンは国家情報院所属のエース要員だが、作戦中に超大型事故を起こして左遷された。その後、高宗皇帝の金塊と関連のある高校に学生の身分で偽装潜入する作戦に投入され、高校生活を満喫する。

「アンダーカバーハイスクール」の脚本は、ドラマ「スケッチ~神が予告した未来~」、「真剣勝負」などスピーディで見ごたえのある展開と文章力で多くの愛を受けたイム・ヨンビン作家が、演出は「大丈夫じゃない大人たち〜オフィス・サバイバル〜」「夜に咲く花」のチェ・ジョンインPDが引き受けてドラマに対する期待をさらに高めている。

「アンダーカバーハイスクール」を担当したMBCナムグン・ソンウEPは、「国家情報院の要員であり、アンダーカバー(おとり捜査)の高校生として偽装するという設定に、ソ・ガンジュン俳優ほどシンクロ率100パーセントの俳優はいないと思う。かっこいいけど滑稽で、滑稽でありながら切なく、切ないながらも感動的なヒーローのキャラクターであるヘソンに扮したソ・ガンジュン俳優を楽しみに待っていただきたい」とドラマに対する強い自信を見せた。

一方、「アンダーカバーハイスクール(仮題)」は2025年のMBC金土ドラマでの編成を確定し、本格的な制作に突入する。
Copyrights(C) Herald wowkorea.jp hwaiting.me

最新情報をチェックしよう!
広告
>韓流・アジアエンタメ/ニュース&マガジン

韓流・アジアエンタメ/ニュース&マガジン

音楽、ドラマ、映画から、グルメやファッション、コスメまで~韓流を中心に、アジアエンタメとカルチャーの今をお届けします。

CTR IMG