音楽やドラマだけじゃない。ファッション、アート、ダンス、K-コミック、K-文学など、幅広いK-カルチャー情報を発信する

メガバンクが舞台の痛快社会派ドラマ「ザ・バンカー」3月3日TSUTAYA先行レンタル開始

  • 2021年1月15日
  • 2021年1月15日
  • K-DRAMA
  • 127view

実直で誠実な銀行マンが、メガバンクで組織の不正を暴く痛快社会派ドラマ「ザ・バンカー」

202133()TSUTAYA先行レンタル開始決定!

 実直で誠実な銀行マンが、メガバンクで組織の不正を暴く痛快社会派ドラマ 「ザ・バンカー」が、2021年3月3日(水)よりTSUTAYA先行レンタル開始されることが決定した。

 「ザ・バンカー」は、WOWOWにて織田裕二主演でドラマ化された大人気コミック「監査役 野崎修平」を原作に、主演のキム・サンジュンをはじめ、チェ・シラ、ユ・ドングンというベテラン演技派俳優を迎え、巨悪に立ち向かうメガバンクの監査役の活躍を描いた痛快社会派ドラマ。名優キム・サンジュンが演じたのは、元射撃選手で閉鎖支店の支店長だったという異色な経歴を持つノ・デホ。そんなデホが、頭取のカン・サムドからの異例の抜擢を受け本店の監査役に昇進し、組織の不正や腐敗を暴いていく。デホを監査役に抜擢したカン頭取の本当の目的は?窓口担当から派閥争いを切り抜け、副頭取までに出世したハン・スジはデホの味方なのか?頭取が左遷先からイ・へゴンを副頭取として呼び戻した理由は?政治家たちの思惑も絡み、単純な派閥争いを超えて繰り広げられる銀行のトップの座を巡る頭脳戦&心理戦にしびれるはず!

かつて自身が進めた融資話がきっかけで、義理の父親を死に追いやった過去を持つデホは、それ以来、毎日をつつましく生きる人々や社会的弱者に寄り添いながら、おやじギャグを好み、柔らかな物腰からも想像もできないほどの正義感の塊の銀行マンに。監査役となってからも、コネ入社を許さず、土地買収に際しだまされた老夫婦を救い、計画倒産の被害者となる下請け企業に手を貸す銀行内に存在する悪も決して許さない。銀行を監査し、正すことは、普通の人々を守ること。デホの言動に感化され強くなっていく行員たちにも注目だ。

ドラマラストのナレーション「銀行が権力と貪欲の対象になってはいけない。誰かの暗い心を満足させる道具や窓口になってはいけない。銀行は厳しい人々を助ける希望の心になるべきで、僕たちをもっと強くさせる経済の血筋になるべきだ。なぜなら銀行の本物の所有者は君だからだ」という言葉は、今の時代だからこそさらに胸に響く。デホは銀行に必要だった英雄なのか?それとも空気が読めないだけの理想主義者なのか?「ザ・バンカー」を見てぜひ答えを見つけてほしい。

■「ザ・バンカー」作品情報 

出演: キム・サンジュン(ノ・デホ役) 「逆賊-民の英雄ホン・ギルドン-」「ドクター異邦人」

      チェ・シラ(ハン・スジ役) 「海神-HESHIN-」「インス大妃」

        ユ・ドングン(カン・サムド役) 「一緒に暮らしませんか?」

        アン・ウヨン(ソ・ボゴル役)「優しい魔女」「サークル~繋がった二つの世界~」

      シン・ドヒョン(チャン・ミホ役)「賢い医師生活」「スイッチ~君と世界を変える~」

脚本: ソ・ウンジョン、オ・ヘラン、ペ・サンウク

演出: イ・ジェジン 「黄金の虹」「キャリアを引く女~キャリーバッグいっぱいの恋~」

あらすじ: 射撃の銀メダリストという経歴を持つ大韓銀行公州支店の支店長ノ・デホ(キム・サンジュン)は、地域の住人たちに口座を作ってもらおうと奔走する日々を送っていた。そんな中、大韓銀行本店では支店を2割削減するという方針を打ち出し、公州支店も閉鎖の危機に直面する。デホを中心に行員が一丸となって奮闘するも、結局公州支店は閉鎖されることに。ところがデホは監査役として本店に異動することが決まる。なぜ自分が監査役を任されたのか腑に落ちないデホだったが、それは頭取のカン・サムド(ユ・ドングン)による指示だった。部下だった女性行員の自殺未遂をきっかけに、デホは監査室のメンバーと共に不正を暴いていく。しかしその先には巨大な組織が立ちはだかっていた。

 予告編:https://youtu.be/4Jcu8Sr0m3Y

■「ザ・バンカー」 リリース情報

・TSUTAYA先行レンタル 全32話/16巻/各巻本編各2話

Vol.1~8(第1話~16話):2021年3月3日(水)

Vol.9~16(第17話~32話):2021年4月2日(金)

特典映像:次回、チラ見せ(10分)

発売元:「ザ・バンカー」パートナーズ

販売元:【レンタル】 カルチュア・パブリッシャーズ

製作年:2019年 製作国:韓国 

仕様:カラー/16:9/ドルビーデジタル2.0chステレオ/日本語字幕/韓国語音声

※商品デザイン、仕様は変更になる可能性がございます。

コピーライト: ©2019MBC

原作:周良貨・能田茂「監査役野崎修平」(集英社刊)

最新情報をチェックしよう!
広告
>韓流エンタメのニュース&マガジン

韓流エンタメのニュース&マガジン

K-POP、ドラマ、映画から、ダンスやファッション、アートやコミックまで。
韓流の今をホットに伝えるエンタメ総合マガジン。
ますます広がるK-カルチャー情報をお届けします。

CTR IMG