音楽やドラマだけじゃない。ファッション、アート、ダンス、K-コミック、K-文学など、幅広いK-カルチャー情報を発信する

覚えにくい韓国語の単語も、「語源」を知れば、芋づる式にどんどん単語が増やせる! 本邦初、韓国語の「語源」に画期的な一冊が登場

  • 2021年3月30日
  • 2021年3月30日
  • K-Culture
  • 1956view

『一度見たら忘れない! 韓国語の語源図鑑』(阪堂千津子/著 しろやぎ秋吾/イラスト)

株式会社かんき出版(本社:千代田区 代表取締役社長:齊藤龍男)は、『一度見たら忘れない! 韓国語の語源図鑑』(阪堂千津子/著 しろやぎ秋吾/イラスト)https://kanki-pub.co.jp/pub/book/details/9784761275419を2021年4月7日より全国の書店・オンライン書店等(一部除く)で発売いたします。 

◆すべての語源にイメージしやすいイラスト付き 

世の中は空前の韓流ブーム。 日本でも、韓国ドラマやK-POPなどが大きな人気を集めています。 
「韓国ドラマを字幕なしで観たい」 
「好きなあの曲の歌詞を知りたい」 
そんな思いから韓国語を勉強しはじめる人も増えているようです。 
英語のアルファベットと同じように、基本のハングル文字の種類はそれほど多くないため、文字の読み方は比較的、簡単に覚えられるかもしれません。 

ですが、初学者が次にぶつかる壁が「単語」。 
英語ならある程度、馴染みがありますが、韓国語は耳慣れない単語をイチから覚えなければならないため、ここでつまずいてしまう人が多いのではないでしょうか。 

そんな韓国語の単語を、楽しく、効率よく覚えられるのが本書です。 
個別に暗記すると果てしなく思える単語でも、“語源”(パーツ)に注目することで、足がかりが見えてきます。 「単語のパーツ=語源」を理解すると、意味を捉えやすく、共通する単語を芋づる式に一気に覚えることができますし、初めて出会う単語も、「このパーツがあるからこういう意味かな?」と類推することができるようにもなります。
また、最近では韓国語の書籍を原語で楽しむ方も増えてきましたが、語源を通して単語の本当の姿に触れていれば、文脈にあった適切な解釈ができるようになるでしょう。
本書では、すべての語源にインパクトのあるイラスト付きで、イメージとして記憶に定着しやすくなっています。 

◆100の語源で1000語以上の単語が身につく! すごい単語集

◆覚えるのが難しい「固有語」を多く掲載 

本書は、ハングル文字の読み方などをある程度覚えた初級者~中級者向けに作られています。 
韓国語の単語は、漢字由来の「漢字語」、元からこの言語に存在する「固有語」、さらに外国から来た「外来語」の3種類から成り立っています。 
漢字語というのは、학생(学生)や과학(学科)など、ハングルをそのまま漢字に置き換えられるものを指します。 

そして、元からその言語に存在しているいわば土着の単語である「固有語」は、漢字とは関連性がなく、覚えにくいものです。 この「漢字語」や「固有語」を覚える手がかりとして、本書でおすすめするのが「語源」です。「語源」とは、単語の成立や由来を表すパーツのことですが、この本では歴史的な由来だけでなく、語句の基本となる概念を決定するパーツも「語源」として扱います。 

漢字語は日本語の漢字語と構造も音(おん)も似ているものが多いので、漢字を手がかりにすらすらと単語を習得できる方もいるでしょう。 

一方、漢字が由来ではない固有語は、日本語と音も意味も異なるので、丸暗記するだけではなかなか記憶に残りません。しかし、漢字語と同じように、丸暗記するよりも「語源」をヒントに、横つながりで理解するほうが覚えやすくなります。しかし、この固有語は漢字語のように単純ではないので、「語源」を見抜くのが少々難しいようです。そこで本書は、なるべく固有語を多く掲載するように意識しました。 
ぜひ、「語源」を知って、10倍楽しく、効率よく単語を覚えましょう。 

【目次】 
はじめに
単語を覚えるヒントになり、語彙力もアップ! 韓国語の「語源」とは?
本書の使い方
第1章 「人」の語源 (「~のような人」を表す/「体」にまつわる/「暮らし」に
まつわる)
第2章 「もの・こと」の語源 (「物」から派生/「もの・こと」に関係する)
第3章 「行動」の語源 (「能動的」な行動/「動作や状況」を強調/「受身的」な
行動)
第4章 「様子・状態」の語源 (「様子」を表す/「大小」を表す/「新旧」を表す
/「状態」を表す/「残念」な意味を持つ)
第5章 「量・質」の語源 (「程度」を表す/「真・本来」を表す)
第6章 「位置・順番」の語源 (「上下左右や位置」を表す/「順番」を表す)
コラム もっと語彙力アップ!
本書にでてきた語句[索引]

【プロフィール】 
著者:阪堂千津子 
東京外国語大学、武蔵大学、国際基督教大学非常勤講師。コリ文語学堂、ひろば語学院、桜美林学園エクステンションセンターのほか、NHKラジオ「まいにちハングル講座」、NHKテレビ「ハングル講座」「レベルアップ ハングル講座」、NHK「テレビでハングル講座」(2018.4月~2020.3月)などの講師を務める。
著書に『ゼロから1人で韓国語』(あさ出版)、『カタカナ読みからでも引ける! 韓国語きほん単語集』(共著、新星出版社)などがある。

イラスト:しろやぎ秋吾 
インスタグラムやツイッターを中心に活動しているイラストレーター。漫画家。「本当にあった怖い話」「10代の話」など、自身や読者の体験談を漫画にしている。「フォロワーさんの本当にあった怖い話」(Webアクション)を連載中。 

【書誌情報】

書名:『一度見たら忘れない! 韓国語の語源図鑑』 
定価:1,650円(税込) 
判型:46判 
体裁:並製 
頁数:288頁 
ISBN:978-4-7612-7541-9 
発行日:2021年4月7日 


【書籍のご購入はこちら】
amazon:https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4761275413/kankidirect-22/ 
楽天:https://books.rakuten.co.jp/search?sv=30&b=1&g=000&sitem=4761275413&v=2 


【関連書籍】

<<シリーズ累計90万部突破!>>

2018年5月に発売された『英単語の語源図鑑』と、2019年9月に発売した『続 英単語の語源図鑑』は語学書ジャンルでは異例のヒットとなりました。スピンオフ本『英熟語図鑑』も10万部を突破!中学生から70代の方まで幅広く読まれている語学書です。


第1弾『英単語の語源図鑑』
第2弾『続 英単語の語源図鑑』
第3弾『英熟語図鑑』

特設サイト
https://kanki-pub.co.jp/pub/specialsites/englishwords/

 

最新情報をチェックしよう!
広告
>韓流エンタメのニュース&マガジン

韓流エンタメのニュース&マガジン

K-POP、ドラマ、映画から、ダンスやファッション、アートやコミックまで。
韓流の今をホットに伝えるエンタメ総合マガジン。
ますます広がるK-カルチャー情報をお届けします。

CTR IMG