音楽やドラマだけじゃない。ファッション、アート、ダンス、K-コミック、K-文学など、幅広いK-カルチャー情報を発信する

【オリジナルレポ】映画『ベイビー・ブローカー』豪華キャスト来日!成田空港の出待ち人数で張り合うソン・ガンホとカン・ドンウォン?!

6月26日(日)TOHOシネマズ六本木ヒルズにて、映画『ベイビー・ブローカー』公開記念舞台挨拶が行われ、本年度カンヌ映画祭男優賞受賞のソン・ガンホほか、カン・ドンウォン、イ・ジウン(IU)、イ・ジュヨンら主要キャストが揃って来日し是枝裕和監督と共に登壇した。

映画『ベイビー・ブローカー』は、是枝裕和監督の最新作にして、<赤ちゃんポスト>をきっかけに出会った赤ん坊の母親、ベイビー・ブローカーの男たち、そして彼らを現行犯逮捕しようと追いかける刑事らが絡み合いながら繰り広げる一風変わった旅路を描く、衝撃と感動のヒューマンドラマ。

主演のソン・ガンホは、映画『バラサイト 半地下の家族』でのプロモーション以来約2年ぶり、カン・ドンウォンは『ゴールデンスランバー』のプロモーション以来約3年ぶりの来日で、イ・ジウン(IU)とイ・ジュヨンは映画のプロモーションとしての来日は今回が初めて。舞台挨拶では前日の空港でのエピソードや映画オファーのきっかけなどについて話した。

大きな拍手と眩しいほどのカメラのフラッシュがたかれる中、ソン・ガンホ、カン・ドンウォン、イ・ジウン(IU)、イ・ジュヨン、是枝裕和監督の順で登場。

はじめの挨拶でソン・ガンホは「こんにちは、ソン・ガンホです(日本語)。2年ぶりに皆さんの前でこのようにご挨拶させていただき、とても光栄で嬉しく思います。日頃から尊敬している是枝裕和監督の温かい物語を韓国のプロモーションに続き、こうして日本の皆さんにご挨拶することができてとても嬉しいです。この物語は日本と韓国に限った特別な話しということではなく、私たちが生きていく中で感じる様々なことを伝えている物語だと思います」と語った。

カン・ドンウォンは「こんにちは、お久しぶりです。カン・ドンウォンです。来ていただいてありがとうございます(日本語)。日本には久しぶりに来ました。久しぶりに来ることができて嬉しいです。これから映画を観ると思いますが、どうぞ楽しんでください」と笑顔を見せた。

イ・ジウン(IU)は「こんにちは、IUです(日本語)。私も日本に久しぶりに来たのですが、空港ではたくさんの方々が歓迎してくれて、すでに映画を観た方々から良かったという声もかけてもらい、初日からとても気分が良いです」と話し、「前でファンの方が泣いていらっしゃるのですが、久しぶりの来日になってしまい申し訳ないなと思っています。私もとても会いたかったです。この映画に興味を持っていただきありがとうございます」とファンを気遣う姿もあった。

イ・ジュヨンは「こんにちは、私はイ・ジュヨンです(日本語)。皆さんにお会いできてとても嬉しく思います。日本の観客の皆さんとお会いできる光栄な場を与えられて本当に嬉しく思います。日本でのスケジュールをこなしながら、またいつこういった機会が訪れるのかなと思うくらいです。昨日は監督さんと俳優の皆さんと美味しい日本料理を味わいました。日本で本当に意義深い時間を過ごせると思うので、残りのスケジュールもしっかりとこなしていきたいと思います。ありがとうございます」と語った。

是枝裕和監督は「15年前の釜山の映画祭で『韓国でもし映画を撮るなら、誰を(主演にして)撮りたいですか?』と言われた時に、ソン・ガンホさんの名前を出させていただいて、インタビューを終えてエレベーターを上がりエレベーターの扉が開いたら、前にソン・ガンホさんがいたんです。その偶然は何か縁があるんだろうなと思っていたのですが、それがこういう形で作品に結実して、こうして日本の公開をキャストと迎えられたことを本当に嬉しく思っております」とキャストとの縁について語った。

ソン・ガンホは、この映画で韓国人俳優として初のカンヌ映画祭男優賞を受賞。受賞当時の感想を聞かれると「カンヌ国際映画祭は名前が呼ばれる前まで、まったく結果がわからないんです。なので、とても緊張した瞬間でした。ステージに上がってからは是枝監督に感謝を申し上げ、そして素晴らしいキャストの皆さんに感謝を申し上げますと受賞のスピーチをしたことを覚えています」と振り返った。

是枝裕和監督の15年越しのラブコールで実現した本作。ベイビー・ブローカーという役でオファーされたことについてソン・ガンホは「約6年前だったと思いますが、釜山国際映画祭で初めてこの話しを伺ったとき、是枝監督の作品は全作品拝見していてとてもファンでしたし、とても尊敬している監督の新しい作品でということで、とてもわくわくしてときめきました。どんな役であっても、光栄なことですとお話ししました」と話し、オファーをした是枝裕和監督は「映画の中でソン・ガンホさんが初登場するシーンを最初に思いついて、まずそこだけ書いたんです。まだその時は、A4で3、4枚のストーリーでした。でも、その6年前のプロットにはソン・ガンホさんとカン・ドンウォンさんとペ・ドゥナさんの名前は書いていたので、本当にその夢が叶ってこういう形になりました」と夢を叶えた喜びを語った。

以前から是枝裕和監督と一緒に仕事をしたいと話していたカン・ドンウォンは「是枝監督の作品は大好きで、必ずお会いしたいと思っていましたし、いつか一緒に仕事をしたいと思っていました。そして実際に一緒にお仕事ができることになりました。監督は現場ではとても優しくて、皆さんがご存知の通り最高の監督でいらっしゃるので、その時間はとても楽しい時間でした。撮影が終わるときは寂しかったです」と話した。

また、是枝裕和監督の誕生日を一緒に過ごしたという彼は「良いことなのか悪いことなのかわかりませんが、監督が誕生日を一人で過ごされると聞いて一緒に食事をしました(笑)」と仲の良さをアピールした。

韓国でシンガーソングライター兼女優として活躍するイ・ジウン(IU)は、自分の子どもを赤ちゃんポストに置く母親という複雑な役を演じている。本作が彼女にとってどんなチャレンジになったのかを聞かれると「分量も多かったですし、ドラマには出演したことはありましたが、長編の映画に出演するのは初めてだったので、そういった点では挑戦と言えば挑戦と言えるのではないかと思います。私が演じたソヨンは様々な設定がされているキャラクターなので、映画をご覧になればわかると思いますが、ソヨンというキャラクターを説明する修飾語はたくさんあります。ですので、一つの修飾語ではなく、様々な設定を立体的に表現できるように監督とたくさん話し合いました。そういったとことを気にしながら演じました」と語った。

ドラマ「梨泰院クラス」でトランスジェンダーのマ・ヒョン役を演じたことで日本でも知られているイ・ジュヨンは、ペ・ドゥナと共にブローカーたちを追う刑事役を演じている。彼女は「私も是枝監督の作品の大ファンです。ここにいらっしゃる先輩方やぺ・ドゥナさんといった方々とお仕事をすることができたのですが、普段から気になっていた俳優と監督とのお仕事だったので現場でたくさんのことを学んで感じ取ろうという姿勢で臨みました。撮影が終わって、こうしてプロモーションをしながらも本当に素晴らしい思い出と経験が積まれているので、私にとっては永く忘れることのできない作品になったと思います」と話し、その場の雰囲気を楽しんでいる様子だった。

今回のキャストのオファーに関するエピソードについて是枝監督は「ソン・ガンホさん、カン・ドンウォンさん、ペ・ドゥナさんは、この作品を一緒にやる前から映画祭でご一緒したり、来日したときに僕が花束を渡す役をさせていただいたりという関係がありました。ペ・ドゥナさんは前に一度映画を撮っていますし、なのでその3人に関しては最初からあてがきをしていたのですが、イ・ジウンさんとイ・ジュヨンさんはコロナ禍で僕が家で韓国ドラマにハマりまして、そこで観て、本当に印象に残った2人にお声がけをしました。IUさんの昔からのファンにはニワカで申し訳ないのですが、韓国に渡ってオファーをして夢が叶って本当にありがとうございますという感じです。一番僕が幸せだったんですね。理想的な想い描いたキャスティングが実現してしまいました。すみませんでした。ありがとうございました」と頬を緩ませた。

オファーについてイ・ジウン(IU)は、「実は監督が私の音楽やドラマを知る前に、偶然に韓国の食堂で見かけたことがあったんです。そのとき私は監督のファンだったのですが、監督はまだ私のことを知らなかった時期だったので、ご挨拶したかったのですが通りすがるだけで終わったことがありました。でもその時から1、2年経ってから、私が監督の作品に参加することになり、監督が私の作品と音楽を知っていただけるという状況がどっきりカメラのようで新鮮で不思議な感じでとても気分が良いです」と明かし、すれ違っていたことについて是枝監督は「そうなんだよね…」と悔しそうにつぶやき、会場の笑いを誘った。

また、オファーについてイ・ジュヨンは「私は大学生のとき…、映画について学んでいた学生の頃に監督の作品を釜山国際映画祭や韓国のシネキューブという映画館で監督さんがGV(観客との対話)をされた時に観に行くような、ただの一人の学生でした。そして数年経って、監督さんが私の作品を観たことがあるというのと、私という俳優を知っていてくれているということがとても不思議な経験でした。ですので、幸せを感じながら作品に臨んでいました」と喜びを語った。

日本に来て楽しみにしていることについて聞かれたソン・ガンホは「日本には頻繁に来ているほうだと思います。2年前には、『パラサイト 半地下の家族』でポン・ジュノ監督と一緒に日本に来てご挨拶をしました。日本はとても好きですし、日本食も大好きなのでいつも楽しみにしています。昨日成田空港に着いたのですが、イ・ジウンさんは日本でもとても有名で、韓国でもスーパースターなので、きっとたくさんの日本のファンが来るだろうという話を聞いていたのですが、実際に100人を超えるファンがいらっしゃっていました。でも、カン・ドンウォンさんのファンは3人だけで、僕は5人来てくださっていたんです。なので、昨日は一日中気分が良かったです」と誇らしげに話すと、カン・ドンウォンは笑いをこらえながら「昨日もこの話についてソン・ガンホさんと長く話していたのですが、ファンの皆さん頑張ってください」とユーモラスにファンにエールを送った。続けてソン・ガンホが「ドンウォンは韓国からではなくパリから来たので3人しかいらっしゃらなかったのだと言い訳を言っていました。いずれにしてもとても気分が良かったんです」と付け加え、カン・ドンウォンは「日本に着いてから突然僕に『空港にファンは何人来た?』って聞いてきたので『3人です』って言ったら、『僕は5人だよ!』(誇らしげに)と言っていました(笑)」とエピソードを話し会場の笑いを誘った。

この状況について是枝監督は「だいたい現場はいつもこんな感じでした。ソン・ガンホさんがドンウォンをちょっといじって楽しむという。僕も大好きなんです」と話し、撮影現場の雰囲気の良さが垣間見えた。

舞台挨拶の最後にソン・ガンホは「尊敬する是枝監督と今回ご一緒しましたが、日本の監督と韓国のキャストが作ったというところが重要なのではなく、映画をご覧になっていただければわかりますが、この映画は日本人であっても韓国人であっても、私たちが生きている社会の中の私たちの姿、そして私たちの隣人の姿、また人生の価値が描かれた作品となっています。ですので、国を超えて誰にとっても共有、共感できる作品だと思います。アリガトウゴザイマス」と作品への熱い想いを語った。

是枝監督は「6年前に書いたプロットは実はすごくシンプルな話だったんですけど、実際にこの映画を作るためにソウルに渡って、ベイビーボックスの周辺の方たちの取材を重ねましたが、それがとてもよかったと思います。取材をすればするほど、この物語が人間の命というのはどういう風に考えるべきなのか、それを登場人物たちがいろいろと悩む話になり、ちょっとずつ最初に自分が思い描いた話とは変わっていきました。それは撮影を始めてからも変わっていくプロセスを経て、今日これから見ていただく作品になっています。いつも僕の映画はそうかもしれませんが、明快な答えが最後に待っているというより、登場人物たちと同じように見た方たちも旅を続けながら一人の赤ちゃんの運命を一緒に考えていただければ嬉しいです。楽しんでください」と監督としての想いを伝えた。

映画『ベイビー・ブローカー』はTOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開中。

Text:Zackey

Photo:AaruTakahashi

サンヒョン役 ソン・ガンホ

クリーニング店を経営しているが借金に苦しむ彼は、赤ちゃんポストに預けられた赤ん坊をこっそり連れ去り、子どもが欲しいと願う家庭に赤ん坊を売る。最初は金目当てだったが、赤ん坊のウソンの新しい両親を真剣に探すようになる。

ドンス役カン・ドンウォン

サンヒョンのパートナー。赤ちゃんポストがある施設で働く児童養護施設出身で、捨てられることに対する痛みと傷を誰よりも知っている。一見ぶっきらぼうで無愛想に見えるが、ウソンとその母ソヨンを優しく気遣う温厚な性格の持ち主。

ソヨン役イ・ジウン(IU)

赤ちゃんポストに赤ん坊のウソンを置き、サンヒョンとドンスの養父母捜しの旅に合流。赤ちゃんポストに自らの子を置いたことや赤ん坊を取りに戻ってきた理由なども話さず誰に対しても固く心を閉ざしていた彼女だが、旅に加わることで少しずつ変わっていく。

イ刑事役 イ・ジュヨン

ベイビー・ブローカーの旅を見張っている刑事スジン(ペ・ドゥナ)の後輩。スジンと共にブローカーを現行犯で逮捕しようとするが、ある瞬間から次第に旅の特別な一員となっていく。

STORY

赤ちゃんを高く売る、ただそれだけのはずだった

古びたクリーニング店を営みながらも借金に追われるサンヒョン(ソン・ガンホ)と、〈赤ちゃんポスト〉がある施設で働く児童養護施設出身のドンス(カン・ドンウォン)。ある土砂降りの雨の晩、彼らは若い女ソヨン(イ・ジウン)が〈赤ちゃんポスト〉に預けた赤ん坊をこっそりと連れ去る。彼らの裏稼業は、ベイビー・ブローカーだ。しかし、翌日思い直して戻ってきたソヨンが、赤ん坊が居ないことに気づき警察に通報しようとしたため、2人は仕方なく白状する。「赤ちゃんを大切に育ててくれる家族を見つけようとした」という言い訳にあきれるソヨンだが、成り行きから彼らと共に養父母探しの旅に出ることに。一方、彼らを検挙するためずっと尾行していた刑事スジン(ぺ・ドゥナ)と後輩のイ刑事(イ・ジュヨン)は、是が非でも現行犯で逮捕しようと、静かに後を追っていくが…。

■監督・脚本・編集:是枝裕和

■出演:ソン・ガンホ カン・ドンウォン ペ・ドゥナ イ・ジウン イ・ジュヨン

■製作:CJ ENM

■制作:ZIP CINEMA

■制作協力:分福

■提供:ギャガ、フジテレビジョン、AOI Pro.

■配給:ギャガ

ⓒ 2022 ZIP CINEMA & CJ ENM Co., Ltd., ALL RIGHTS RESERVED

最新情報をチェックしよう!
広告
>韓流エンタメのニュース&マガジン

韓流エンタメのニュース&マガジン

K-POP、ドラマ、映画から、ダンスやファッション、アートやコミックまで。
韓流の今をホットに伝えるエンタメ総合マガジン。
ますます広がるK-カルチャー情報をお届けします。

CTR IMG