音楽やドラマだけじゃない。ファッション、アート、ダンス、K-コミック、K-文学など、幅広いK-カルチャー情報を発信する

【オリジナルインタビュー『ソンモ』】「3年間会えなかった分、みなさんといっぱい会いたいです」

2022年7月20日に3年ぶりとなるファン待望のミニアルバム「ADAMAS」をリリースするソンモ(元超新星)さんにインタビューさせていただいた。

横浜・大阪で初のBillboard Liveを開催し、7月にはコロナ渦により延期されていた「250(TWO-FIFTY)~STRINGS TOUR 2020~」の振替公演の日程が決定するなど、活動の勢いが加速している。インタビューでは和やかな雰囲気の中、ミニアルバムについてや主演映画の製作裏話、そしてファンへの募る想いをたっぷりと伺った。

ファンに会えない間「これからの人生をどうしよう、来年はどうしようと悩みばかりでした」

Q:今年4月に開催されたBillboard Live YOKOHAMAでのライブを皮切りに約2年半ぶりの日本でのライブやイベント、そして一昨日(2022615日)は誕生日記念イベントが開催されるなど、活発な活動にファンのみなさんはとても喜んでいます。

新型コロナウイルスの影響で様々な活動が制限されるなか、どのようにモチベーションを維持されていましたか。

正直、2年半ずっと落ち込んでいました。どんどんやる気もなくなり、希望も見えなくなって。二度と日本に行けないのかなと思うくらい、不安ばかりの毎日を過ごしていました。

何をしてもその不安感が消えないんです。気分転換に故郷の釜山に行っても“これからの人生をどうしよう、来年はどうしよう”と悩むばかりでした。

今年の3月末から日本に来られるようになって今回で3回目なのですが、まだ現実味がないです。一昨日の誕生日イベントでファンのみなさんと直接会って、声を聞けて、顔を見られて、やっとまた日本にいるなと思いながらすごく幸せな誕生日の日を過ごしました。

日本映画主演で得た財産「1100までずっと楽しい現場だったんです」

Q:昨年8月のオンラインインタビューで、日本映画に出演してみたいと話されたように、日本映画『ランサム』では主演を務めていらっしゃいますね。日本作品で主演という立場での撮影で、特別な大変さなどはありましたか。

また撮影現場で嬉しかったことや、苦労したエピソードがあれば教えてください。

初めて挑戦することだから、やっぱり不安感があるし。韓国の撮影現場に行っても緊張しちゃうのに、日本のスタッフさんたちと日本の俳優さんたちと上手くできるかという不安感がありました。“僕のことを信じてくれるだろうか?”と思いました。

なぜかというと、撮影現場ってすごく緊張感があるところじゃないですか。監督さんとスタッフさん達が、僕のことを信じてくれないと上手くできないので。韓国人だから、日本語を話しても“これは違うでしょ”と思われたらキャスティングされません。なのでキャスティングされただけでも“みんな信じてくれたのかな”と思ったんです。

実は留学生などの設定にしてセリフをできるだけ少なくして、見た目だけ主演させてもらうんじゃないかなと思っていました。ところが届いた台本を見たらセリフが自然にあって「監督さんは僕が韓国人だと知ってますよね?」と思うほどでした(笑)。それくらい監督さんが信用してくれていたんです。ですので、これはお返ししなきゃいけないと思い、不安感は飛ばして、それからは心の準備をちゃんとしよう!と思いました。

(来日してコロナ感染症対策の隔離後、打ち合わせができずに撮影に入ったため)スタッフさんや俳優さん達と仲良くなる時間もないまま撮影が始まったのですが、僕が頑張れば、みなさんが近づいてくれると思って努力しました。初日の撮影後、俳優の方々が話し掛けて下ってとても仲良くなり、2日目からは前から友達だったかのように撮ることができました。

「韓国ではこういう時はこんな仕草が合いますが、日本ではどうですか?」と言えば「お、いいんじゃない?」と言って下さったり、逆に日本語のイントネーションを教えてもらったり、お互い助け合いました。1~100までずっと楽しい現場だったんです。

撮影が終わって、「日本の撮影現場はなぜこんなに楽しいんですか?」「大変な表情を出す方がいませんでした。なぜですか?」と聞いてみたら、「日本も韓国と同じようにピリピリした現場もあるよ」「この現場が特別なんだよ」って言われました。僕も頑張ったし、みんなが僕のことを楽にさせるために頑張ってくれたんだなと思いました。

Q:とても良い撮影現場だったんですね。

はい。撮影後すぐにBillboard Live YOKOHAMAでのライブがあったのですが、みんな応援しに来てくれました。1ヶ月間の撮影で後片付けも大変だったのに、休まずに応援しに来てくれて感動しましたし、お花も送ってくれました。

もちろん日本の映画に出演しただけでも嬉しいことなんですけど、この方々と知り合えたことが僕にとっては財産になったと思います。

釜山ツアーはみんなの夢

Q:2年半前のファンクラブ発足1周年を記念したイベントの囲み取材で、Hwaiting!から今後ファンクラブでやってみたいことはありますかと質問をさせていただきました。(202026日『SUNGMO JAPAN FC MEETINGA step」』会場:山野ホール)

「ファンと一緒に温泉ツアーや新幹線ツアーをしてみたい」「Juliet(ジュリエット)達と話ができるような、もっと近づけるような機会を作っていきたい」と話していましたが、2年経ってみてJulie達とやりたいことに変化はありましたか。また、新しくやってみたいことがあれば教えてください。

※Juliet(ジュリエット)はソンモのファン愛称

近い距離で話をすることについては日本に来れなかった2年間に、僕が直接行かなくても会える場所を作りたいなと思って、オンラインサイン会を始めました。

名前を先に教えてもらってサインを先に書いておいて、1分間は話だけをするイベントを作ったんです。1分間友達みたいにみんなと話したんです。「最近は何してる?」「悩みは何?」「会えないけど伝えたいことは何?」「夜ごはんは何作ったの?今度見せて?」とか。

普通の話を近い距離で沢山したんです。会えなかったですけど、近い距離で話ができる場所は作れたと思います。

一番Julietのみなさんとしたいことは釜山ツアーですね。釜山ツアーは僕だけじゃなくて、みんなが一番願っていることです。僕がガイドとして“ここは高校生の頃よく来た場所ですよ、ここはソロデビュー曲「Butterfly」のMVを撮ったところですよ”とか。自分の人生を皆さんに紹介したいです。釜山のツアーを自分が考えて、紹介したいところに一緒に行きたいなと思っています♡

Q:日本でもファンツアーができたらいいですね。

日本でできるなら北海道に行きたいです。温泉旅行!(笑)

4th mini albumADAMAS」で伝えたかったこと

Q:7月には3年ぶりとなるアルバム、4th mini albumADAMAS(アダマス)」がリリースされます。このタイトルに決定したエピソードを教えてください。また、他に候補はあったのでしょうか。

「ADAMAS」という言葉はダイヤモンドの語源なんですが、僕がたぶん8年10年くらい前にファンのみなさんに紹介したことがあります。ライブ最後の感想MCで良い言葉や文章をみなさんに披露する担当をしていたので「ADAMAS」を紹介しました。

この言葉が、実際に自分の心に響いたのがコロナの時でした。2年間ファンのみなさんに会えなくて、自分の心が壊れそうな毎日を過ごしていました。その頃、カカオトークのステータスメッセージを「ADAMAS」にしたんです。自分自身に呪文や魔法をかけると、それを信じてどんどん強くなれるじゃないですか。それを信じて「僕は今日からADAMASだ、何があっても壊れない」と思いました。

もし日本でライブができたらタイトルにもしたいと思ったんです。それでBillboard Liveのタイトルが「ADAMAS」でした。すごく意味が良くて、1度のイベントのタイトルで使って終わりにするのは寂しい、この意味をみなさんにちゃんと伝えたいと思って。

アルバムタイトルも「ADAMAS」にして、僕の曲を聴いてダイヤモンドの心を持ってほしい。みなさんもどんなことがあっても、僕みたいに強い心をもって生きて、勝っていってくださいという気持ちを込めて作ったアルバムです。

Q:ではアルバムタイトルは他に候補はなく「ADAMAS」だけだったんですね。

はい!「ADAMAS」だけです^^

Q:4th mini albumADAMAS」をさっそく聴かせていただいたのですが、バラードからR&Bまで落ち着いた楽曲が多い印象を受けました。全体的にどのようなイメージでアルバムを制作されましたか。

3年前に2曲、2年半前に2曲、先月2曲と作業しましたので、アルバムの完成までに3年かかりました。「忘れないで」と「BLUE SKY」は希望があって、未来に向けている曲です。僕とこの曲を聴きながら一歩一歩あるいていこう!という気持ちを込めました。

「忘れないで」とか「Somebody Knows」「KAGAMI」はちょっと切ない感じはあるんですけど、僕が大変だったときに作った曲なんです。これらの楽曲には“何があっても負けずに勝っていきたい”という意味付けをしました。結果として、6曲ともそれぞれに「ADAMAS」という共通の意味が付けられたのは偶然だったんですけど、アルバムのタイトルにして良かったなと思います。

Julietのみなさんが日本語の先生

Q:ところで日本語がさらに上手になりましたね。

日本語自体が上手になったというより、対応ができるようになりました。

オンラインサイン会では東京に住んでいる方、大阪に住んでいる方、福岡に住んでいる方がいたり、いろいろなところに住んでいる方がいて、方言も使っていたりして、すごく集中しないと応えられないんです。みなさんがせっかくチケットを買って僕に会いに来るのに、無駄な時間を作ったらもったいないじゃないですか。だから、すごく会話に集中して「何でも話そう、何でも答えよう」という気持ちでした。

逆にその時間はJulietのみなさんが日本語の先生になってくれて、僕にとっては日本語の勉強時間になりました。それで対応することがちょっと上手くなっているんじゃないかなって思います。

Q:最近覚えた日本語や、つい出てしまう日本語の口癖はありますか。

「そうですね」です。

僕は一旦、相手の話を先に聞いてから自分の話をするタイプです。日本語に自信があったり、人に会ったときに「元気だった?」とか、先に声をかけるタイプではないです。性格もそうだし。まだまだ日本語でどんな言葉が来るかなと、ちょと不安感もあります。相手の言葉を聞いてから答えるので「そうですね」が口癖になっています。

日本映画のラブストーリーに挑戦希望

Q:今後日本でドラマや映画に出演するなら、どんな役に挑戦してみたいですか。

高校生の頃から「クローズZERO」みたいな役が一番演じてみたかったんです。韓国では「僕たちの日記」(2015年制作 主演:ソンモ)という作品を撮ったのですが、35歳になってまた制服着るのは難しいと思って諦めました。次に撮ったアクション映画「ランサム」は撮影が終わりました。次に残るのはメロです。(ちょっとハニカミながら)

「東京タワー」みたいにすごく切ないメロ…。「いま、会いゆきます」とか「Love Letter」とか、日本といえばメロが世界的に人気じゃないですか。だから絶対メロ作品を撮って、日本の女優さんと共演したいです。韓国でも映画を成功させて有名になって、“彼は韓国人だったの?”と思われるような良い作品を撮りたいな。

※メロはラブストーリーのこと

「これからも僕のことをよろしくお願いします

Q:最後にファンのみなさまへメッセージを!

Julietのみなさん♡

3年ぶりに無事日本に来て、みなさんのおかげでガンガン活動しています。3年間会えなかった分、みなさんといっぱい会いたいです。

インタビューする時にいつも言うんですけど、温泉旅行とか釜山ツアーとかやりたいことが沢山あります。これからも僕と一緒にゆっくり歩いていきましょう。落ち込んだり、転んだときは僕の曲を聴きながら、笑顔で手を繋いでいければと思います。これからも僕のことをよろしくお願いします♡

インタビュー全体を通してJulietへの愛が溢れていたソンモさん。「ADAMAS」はギリシャ語で〈何者にも傷つけられない、強い存在〉という意味を持っている。7月にリリースされるミニアルバムには「僕と一緒に強く生きていこう!」という応援メッセージが込められている。

Interview&text:MIO

Photo:AaruTakahashi(https://www.instagram.com/aarutakahashi/)

■SUNGMO OFFICIAL SITE https://sungmo-official.jp/

■SUNGMOofficial Twitter

https://twitter.com/sungmo_jp?s=20&t=Pl9Sw2cBjxJJJZmvLOLKqg

<リリース情報>

■タイトル:「ADAMAS (読み:アダマス)」

■発売日:2022年7月20日(水)                                                     

■商品形態 3パターン(※全3種/全種ジャケットは異なります)                                                                                                            

・TYPE-A(TECI-1694(TEBI-30614)[CD+DVD] /価格¥3,150(税抜価格¥2,864)                                         

・TYPE-B(TECI-1695)[CD+Booklet] /定価¥2,600(税抜価格¥2,364)  

・TYPE-C(TECI-1696)[CD] /定価¥2,100(税抜価格¥1,909)

■収録内容:

CD(TYPE-A、B、C共通)

収録楽曲

  • I Remember (Japanese ver.)
  • KAGAMI
  • 虹のカナタへ ※6/29~先行配信開始
  • Somebody Knows
  • 忘れないで
  • BLUE SKY

DVD(TYPE -Aのみ) 

「I Remember」Music Video/MVメイキング映像

【サイン入りチェキプレゼント!】

Hwaiting!読者のみなさまへ、サイン入りチェキのプレゼント。抽選で3名様!

応募方法は後ほどこちらのTwitterアカウント「Hwaiting!_LIVE」https://twitter.com/Hwaiting_LIVE (@Hwaiting_LIVE)にて。フォローしてお待ちくださいね!

最新情報をチェックしよう!
広告
>韓流エンタメのニュース&マガジン

韓流エンタメのニュース&マガジン

K-POP、ドラマ、映画から、ダンスやファッション、アートやコミックまで。
韓流の今をホットに伝えるエンタメ総合マガジン。
ますます広がるK-カルチャー情報をお届けします。

CTR IMG